「私が経験したのと同じような官製ワーキングプアの現場はほかにもあると思います」というハルオさん。今は相談する側から、相談を受ける側になった(筆者撮影)

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

「お前らなんて奴隷みたいなもんだろ」

都内の公立病院で調理補助の仕事をしていたハルオさん(仮名、36歳)は、職場の調理師からこう言われ、胸ぐらをつかまれた。ハルオさんは病院が外部委託した民間事業者の契約社員。これに対し、調理師は病院が直接雇用した公務員である。とんでもない暴言だが、年収200万円の委託先労働者が奴隷としか言いようがない格差の下で働いていることもまた事実だった。

典型的な「ブラック職場」

問題は賃金水準だけではないと、ハルオさんは言う。まず、会社から最初の3カ月間は社会保険はなしだと言われた。理由は「すぐに辞める人がおり、(加入させると)入退社の手続きが煩雑になるから」。意味不明だし、違法である。ハルオさんはその後、1年以上にわたり社会保険未加入の状態を強いられた。


この連載の一覧はこちら

また、始業前の着替えや手洗いの時間は“ただ働き”。専用の白衣や帽子を身につけ、規則にのっとった手洗いを済ませるには、どんなに急いでも10〜15分はかかる。過去の判例によれば、業務に必要な着替えなどは労働時間とみなされるが、会社はこれを無視。始業時刻の30分前には出勤し、準備を済ませるよう指示していたという。

時給労働者にとって、毎日30分のただ働きは痛い。加えて30分間の休憩もなかなか満足には取れなかった。休憩に入る直前、決まって何百人分もの食器の配膳やコメの計量など、短時間では到底終わらない仕事を振られるからだ。

ハルオさんの告発は続く。

「労災隠しもありました。職場に来る途中で車にぶつかって捻挫したという社員がいたのですが、会社は『労災にはならない』と言いくるめた挙句、そのまま働かせていました。あと外国人労働者の待遇もひどかったです。彼らは私たちより給料が低いうえ、室温が40度を超えることもある洗い場に配属されることが多く、熱中症で倒れる人もいました」

外国人労働者は、中国や韓国、フィリピン出身者が多かったという。あるとき、発音が聞き取りづらい外国人に対し、正職員の調理師が「国へ帰れ!」と怒鳴りつけているのを聞き、ハルオさんが間に入って止めたことがある。以来、この調理師から目の敵にされるようになった。冒頭の“奴隷発言”の主は、このときにもめた調理師だという。

典型的な「ブラック職場」で、ハルオさんが最もひどいと感じたのはハラスメントだった。

正職員の調理師らが、新しく入ってきた若い女性の調理補助員に対し、突然後ろから抱きついたり、執拗に飲みに誘ったりする。そうかと思うと、配膳や盛りつけの方法が違うと言って「馬鹿野郎」「ふざけんな」と怒鳴る。委託先会社の上司は見て見ぬふり――。

「例えば盛りつけ1つとっても、手袋をして取り分けるのか、トングを使うのか、菜箸を使うのか、調理師によって違うんです。衛生上問題がなければ、どれも正解。なのに、自分のやり方と違うというだけで怒鳴られる。1日、2日で辞めていく人もいました」

一般的に労働環境が荒れると、製品やサービスの質が劣化する。

ハルオさんの病院では、入院患者向けの食事に小さなゴキブリや虫、舐めかけの飴などの異物が混入したり、アレルギーを持つ患者にエビや卵が入った食事を提供してしまうなどのオーダーミスが頻繁に起きたという。

「みんないつ怒鳴られるかとびくびくしていますから、どうすればミスを減らせるか考える余裕なんてありません。それに、こうしたミスはすべて委託先の調理補助員のせいにされました。正職員の責任が問われることは1度もなかった」とハルオさん。面と向かって奴隷と言い放つ人は1人だけだったが、“最下層”の委託先労働者には何をしてもいいという空気は職場中にはびこっていたという。

こんな病院、絶対かかりたくない――。ハルオさんの話を聞き、心底そう思った。

公務の外部委託先が官製ワーキングプアの温床に

国や自治体の財政難を背景に、公務を民間事業者に外部委託することは、いまや当たり前の光景となった。清掃や夜間警備、窓口業務、電話交換、水道の検針業務――。委託料を圧縮したい自治体と、なんとしても受託したい事業者の間で、入札価格はぎりぎりまで抑えられる。しわ寄せを受けるのは、委託先労働者の人件費。公務の外部委託の現場が官製ワーキングプアの温床となるわけだ。

実は、ハルオさんは調理補助員として5年ほど働いたが、その間に受託事業者が変わった。新しい事業者はさらに安い委託料で落札したと、後になって聞いた。社会保険未加入やただ働きなどの不法行為が起きたり、異物混入やパワハラといったトラブルが増えたのは、新しい事業者に変わってからだという。

念のため。ハルオさんにはいたずらに公務員を批判する意図はない。「公務員である調理師も、病院による効率化や経費削減のプレッシャーを受けていたと思います。そのストレスを“格下”の委託先労働者にぶつけていました」とハルオさん。「正規公務員VS非正規公務員」ではなく、あくまでも国や自治体における行き過ぎた効率化と、「安かろう、悪かろう」がまかり通る外部委託の構造が、ゆがんだ格差を生み出しているのだという。

こうした職場で、ハルオさんはあらゆる局面で会社に抵抗した。着替えや手洗いは業務時間内に行ったし、休憩もきっちり30分取った。同僚らよりも調理場に行くのが遅れると、そのたびに「遅刻だ」と叱責されたが、「だったら賃金を払ってください」と突っぱねた。病院側の意向を受けた会社が、破損した食器の代金を調理補助員の給与から天引きしようとした際も、違法だとして撤回させたという。

委託元である病院や会社にしたら、さぞ煙たい存在だったことだろう。昨年、ついに病院側から「毎日遅刻してくる」「調理師の指示に従わない」などの苦情が出ているという理由で雇い止めを通告された。これに対し、ハルオさんはこう反論した。

「まず、着替えは必要な業務なので遅刻ではありません。それから、調理補助は委託業務なので委託元の調理師の指示は受けられません。偽装請負になってしまいますから。(苦情には)なにひとつ正当性がなく、(雇い止めには)応じられません」

あまりの正論を前にぐうの音も出ない会社は、今度はハルオさんを別の委託先である公立学校の給食の洗い場へと配置転換した。さらにシフトを短縮、月収は10万円にまで落ち込んだ。“兵糧攻め”である。たまりかねたハルオさんはユニオンに加入。団体交渉の結果、納得できるだけの金額を提示されたので、今年に入り、金銭和解に応じたという。

まじめに働いても借金する人がいる

世の中には不当な扱いをされても、泣き寝入りする働き手は少なくない。失業するわけにはいかないからだ。なぜ、ハルオさんはここまで正論を押し通すことができたのか。1つには、ハルオさんが社会保険労務士(社労士)と宅地建物取引士(宅建)の資格を持っていたからだろう。

ハルオさんが都内の大学を卒業した当時、世の中は就職氷河期の真っ只中。「まともな就職先」は望めなかった。実際、いくつかの会社で働いたが、正社員として雇用されたことは1度もない。転機となったのは、消費者金融で督促の仕事を経験したことだという。

「それまでは借金なんて、派手に遊んだり、計画性がない人がするものだと思っていました。でも、実際にはまじめに働いても、事業に失敗したり、失業したりして従業員や家族ために借金をする人もたくさんいました。(借金苦から)自殺した人も見てきました。このときの経験が、労働と貧困という問題に関心を持つきっかけになったように思います」

その後、営業職にも挑戦したが、いわゆる「名ばかり事業主」で月収10万円にも届かなかった。こうなったら自分の力でなんとかするしかないと、調理補助の仕事をしながら、社労士と宅建の資格を取得したのだという。
つまり、ハルオさんは調理補助の仕事をいつでも辞めることもできたわけだ。なぜ、ここまで病院や会社との徹底抗戦にこだわったのか。

「『ブラック職場』をとことん経験してやろうと思ったんです。意地もあったかもしれません。ユニオンに入った理由ですか? 会社に話し合いに応じる義務が生じるからです。私が1人で会社に抵抗しても、会社から『嫌なら訴えれば』などと話を打ち切られたら、どうしようもないんですよね。でも、ユニオンに入れば、個人でも会社と対等に交渉ができます」

現在、ハルオさんは、自分の問題の解決にかかわったユニオンの専従職員となり、労働相談を受けている。働きながら資格を取ることは容易ではなかったが、早々に社労士の知識が生きることになった。大学卒業以来続けているベースの演奏などによる収入を合わせると、月収は30万円ほどだという。

年度の変わり目に加え、新型コロナウイルスの影響で、相談者は増えている。ハルオさんには、電話や訪問による相談の合間を縫って話を聞いた。1歩も引かず会社と渡り合ったタフさとは対照的に、終始柔らかな物腰で話を聞き出す姿を見ていると、労働相談はハルオさんに向いているのかもしれないと思う。

取材後、ハルオさんが働いていたという会社のホームページをのぞいてみた。全国各地の自治体や企業から清掃や給食などの業務を広く請け負っているようだ。明るい日差しの下、エプロン姿の女性やマスクと帽子を着用した男性がほほ笑む写真を掲載し、「必要な労力を、必要な期間だけ提供」「低コスト、高効率の実現が可能」とうたっている。 

社会保険料の企業負担をケチり、社員にただ働きさせ、外国人労働者から搾取すれば、そりゃあ、低コストも実現できるよね――。思わず声に出して突っ込んでしまった。

本連載「ボクらは『貧困強制社会』を生きている」では生活苦でお悩みの男性の方からの情報・相談をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。