ACLグループリーグ最終節も延期決定「あらゆるオプションを検討する」

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は14日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、5月と6月に予定されていた全試合の延期が決まったと発表した。同期間にはカタールW杯アジア2次予選のほか、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ最終節などが組まれていた。

 ACLは2月にグループリーグ第1〜2節が行われた後、各試合が中止となっていた。AFCは声明で「加盟協会との接触と協議を継続し、ACLとAFCカップのグループステージを完了するために可能なあらゆるオプションを検討していく」としている。

 AFCは3月上旬、当初6月に予定していた決勝トーナメントの開幕延期を決定。現時点のスケジュールでは8月11日に始まる予定となっている。