神戸は昨シーズン、鹿島との天皇杯決勝を制しクラブ史上初のタイトルを獲得した。写真:徳原隆元

写真拡大

 ヴィッセル神戸は4月13日に公式インスタグラムを更新し、昨シーズンの天皇杯決勝前日の新幹線移動の車内を写した貴重映像を公開した。
 
 4月7日から、神戸はクラブ公式SNSでチーム内の「お宝映像」を1日1本ペースで投稿。13日には、「今日のお宝映像は天皇杯決勝前日の新幹線移動から!千円札をコロコロしてしまった藤本に注目!」と綴り、鹿島を2−0で下し初優勝を飾った天皇杯の決勝前日の模様を収めた動画を公開している。歴史的一戦の前日に東京へ向かう新幹線の車内で、選手たちが各々の時間を過ごすプライベート映像が写されている。
 
 いち早くカメラに気が付いたのは、翌日の試合で、チームの2点目を決めて優勝の立役者となった藤本だ。「千円札をコロコロしちゃった!面白すぎるやろこれ」と、掃除用具のコロコロで千円札を巻き込んでしまったスマホ画像を、嬉しそうにカメラに向けるお茶目な姿を披露している。その他にも、隣同士の席で弁当を開いて談笑する山口蛍と酒井高徳の姿や、携帯をいじるダビド・ビジャとトーマス・フェルマーレン、窓の外の景色を眺めるルーカス・ポドルスキの姿が捉えられている。
 
 この普段見ることのできない貴重な動画にファンも興奮。多くのコメントを寄せている。
 
「千円コロコロは爆笑です」
「ビジャの隣に座りたいわ笑笑」
「藤本はまだ決勝のヒーローになることは知らなかった」
「やっぱり高徳選手と蛍選手は隣!!」
「キレーにコロコロしちゃいましたね」
「西とビジャは1人席(笑)」
「みんなカッコよすぎ!」
 
 当時の神戸は、大一番を翌日に控えたチームとは思えないほど、前日の移動中からチーム全体で明るい雰囲気が漂っていたようだ。この雰囲気の良さが、あの歓喜の瞬間に繋がったに違いない。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部