体が硬い人ほど痩せにくいってホント?!スッキリBODYを目指しましょう

写真拡大 (全2枚)

 いろいろなダイエットをがんばってみてもなかなか効果が現れない。

もしかしたらそれは「体が硬い」ことが原因なのかも・・・。

身体が硬いと感じている方には「ストレッチが苦手」と感じる方が多いかもしれません。

ストレッチの効果は、運動前に準備体操の一環として行い怪我を予防するだけのものではありません。

身体を伸ばすことで柔らかくなった筋肉は、本来の血流を促すポンプ機能を取り戻し、酸素や栄養の供給を行い、老廃物や疲労物質を体外へ押し流していきます。

また、普段鍛えられない筋肉を刺激することで、代謝を向上させたり、柔軟性を得ることができると言われています。

体が柔らかいとどんなメリットがあるでしょうか?


・代謝が上がり、痩せやすくなる
体が硬いということは筋肉の柔軟性が低いとも言えます。この状態では関節が動かしにくくなるため、体の可動域(動かすことのできる範囲)が狭くなってしまいます。

筋肉を大きく使うことで、基礎代謝が高まると考えられています。

筋肉は血液の流れを促す働きをしているため、筋肉が硬いとその働きも鈍くなり血行が悪くなってしまいます。

・冷え、むくみを防ぐ
体が硬いと血流が悪くなり代謝が低下し、余分な水分が溜まってしまってむくみが生じたり、末端の血流が滞ることで冷えも起こったりなど、美容にも健康にも良い影響がありません。

血行が良くなることで全身のすみずみまで血液を届けることが出来るようになります。

・今すぐ読みたい→
その不調の原因、「自律神経の乱れ」かも?!意外に知らない自律神経の大切な話 https://cocokara-next.com/stress/autonomic-nervous-disturbance/

・疲れない身体へ
体が硬く血流が悪いと、冷えやむくみのほか、肩・首のこり、疲労がたまりやすくなってしまいます。
栄養や酸素が行き渡ることで、体全体の老廃物や毒素がスムーズに排出されます。

では、体を柔らかくするにはどうしたら良いのでしょうか?

ヨガとストレッチは、どちらも柔軟性を高めるために有効だと言われています。

まずは痛くない程度で今伸ばせる範囲から始め、毎日行い少しずつ可動域を広げていくことがポイントです。

柔軟性が特に重要な、肩甲骨周り、股関節、ももの裏側を中心に行うと良いといわれています。

注意点としては、決して痛みを感じるまで伸ばさないということです。

つい頑張ってしまいますが、痛みを感じると、筋肉は反射的にギュッと縮まってしまいます。

痛みを我慢しながらのストレッチは、逆効果になると思ってください。

また、伸ばしている部位の筋肉を、よく意識し、呼吸を止めないことも大切です。

残業して仕事を片付けていたら「無理は禁物。『体が資本』だよ。」と身近な人に声をかけられたことが、一度はあると思います。

身体無くしては仕事をすることが出来ませんよね。

「健全な魂は健全な肉体に宿る」という言葉もあります。

健康な身体を保つために私たちにはどのようなことが出来るでしょうか。

忙しいから・・・を言い訳にせず、気軽にできる血液検査をはじめませんか?

銀座血液検査ラボでは、大切な方へ血液検査をプレゼントする方も増えています。

上京してきて、親御様が遊びにいらっしゃった際に検査をプレゼントされる方、奥様が専業主婦でいらっしゃり、検査を受ける機会がないので、プレゼントされる方など、様々な方がいらっしゃいます。

大切な方へのプレゼントとしても、ご利用してみませんか?

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
その不調の原因、「自律神経の乱れ」かも?!意外に知らない自律神経の大切な話 https://cocokara-next.com/stress/autonomic-nervous-disturbance/