1993年〜2019年Jリーグ
『私のMVP』〜あの年の彼が一番輝いていた
第6回:2005年の西澤明訓(セレッソ大阪/FW)

 筆者が取材したなかで最もショッキングなゲームとして記憶されるのが、2005年のJ1リーグ最終節セレッソ大阪vsFC東京だ。


長きにわたってセレッソ大阪の主軸として活躍した西澤明訓

 12月3日、長居スタジアムで行なわれた一戦は、C大阪の初優勝がかかった大一番だった。

 当時、筆者はサッカー専門誌でC大阪の担当記者を務めており、複雑な気持ちで大阪に向かったのを覚えている。担当チームが優勝してほしいと願う一方で、本当に優勝してしまったら「大変なことになる」と怯えていたからだ。

「大変なこと」とは文字どおり、仕事が忙しくなってしまうということ。大量の原稿を書かなくてはいけなくなるし、優勝特別号も作らなくてはいけなくなる。まだまだ経験不足な当時の筆者にとって”キャパオーバー”は必至で、できることならその”大変な”状況は避けたいものだったのだ。

 この年のJ1リーグは、史上稀に見る大混戦だった。


 最終節を前に首位に立ったのはC大阪だったが、勝ち点1差でガンバ大阪が続き、さらに1ポイント差で浦和レッズ、鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド千葉の3チームが同勝ち点で追走。つまり、5チームに優勝の可能性があったわけだ。

 もっとも、C大阪にとっては勝てば優勝できる優位な状況に変わりなかった。一方で、追われる側の重圧もそこにはあった。あるいは、5年前の悪夢に怯えていた者もいたかもしれない。C大阪は2000年のJ1リーグ第1ステージで川崎フロンターレにVゴール負けし、ステージ優勝を逃した経験があったからだ。

 C大阪の歴史を振り返れば、起伏の激しさが浮かび上がる。

 2000年に優勝争いをしたかと思えば、翌年にはJ2降格。しかし、天皇杯では決勝進出を果たした。2002年にJ1復帰を成し遂げ、2003年には再び天皇杯で準優勝となるも、翌2004年には最終節まで残留争いに苦しめられた。

 そして2005年。開幕前の下馬評を覆し、あれよ、あれよと優勝争いの主役に上り詰めたのだった。


 そのチームの中心にいたのは、”ミスターセレッソ”こと森島寛晃と、そのベストパートナーである西澤明訓だった。とりわけ筆者の心を掴んだのは、西澤だった。

 強さと巧さを兼備した万能型ストライカーは、ダイナミックなゴールで歓喜を呼び込み、巧みなポストワークで好機を生み出す。ただし、プレーに波があり、試合から消えてしまうのもしばしば。誰にも真似できないような圧巻のゴールを叩き込んだかと思えば、次の試合では何もできないままピッチを後にする。その不安定さもまた、西澤の魅力だったかもしれない。

 天才肌で気分屋の西澤のスタイルは、”ジェットコースタークラブ”あるいは”シルバーコレクター”と揶揄されたC大阪のクラブカラーをそのまま表しているかのようだった。

 だが、2005年の西澤は違った。

 もともとC大阪は攻撃スタイルが売りのクラブだったが、小林伸二監督のもとで守備的な戦いを展開。守って、守って、カウンター一発に勝機を見出す。その堅守こそが、C大阪の躍進の要因だった。


 そうしたスタイルにおいて、ストライカーである西澤には相当なストレスがかかっていたのは想像に難くない。多くの時間を守備に割く戦いは、面白いものではなかっただろう。

 それでも、西澤はそのスタイルを受け入れ、役割を全うした。前線から献身的に守備を行ない、少ないチャンスを確実にモノにして、多くの勝利をもたらした。波がなく、コンスタントな働きを見せた西澤こそが、躍進の牽引車だったのだ。

 決戦前日、西澤はこんなことを言っていた。

「モリシは今まで(天皇杯も含め)4回優勝のチャンスを逃してきた。さすがに5回も負けたらかわいそう。僕は3回目。ここできっちり勝っておかないと、一生負け犬になると思う」

 負の歴史を覆すべく、盟友のためにも並々ならぬ決意を胸に、西澤はFC東京との決戦に臨んでいた。

 開始3分、打点の高いヘッドで先制ゴールを生み出すと、同点とされて迎えた後半立ち上がりにも、こぼれ球に反応し、豪快な一撃を叩き込む。


 その後、押し込まれる展開となっても、西澤の存在感は絶大だった。前線から執拗にボールを追いかけ、時に最終ラインにまで戻って相手のハイボールを跳ね返し続けた。

 優勝への執念を剥き出しにし、ピッチを走り続けるその姿は、まさに鬼神のごとく。気づけば筆者はこの金髪のストライカーのプレーに目を奪われ、純粋に、C大阪の優勝だけを願っていた。しかし……。

 後半アディショナルタイム、今野泰幸が放った一撃が、すべての想いを打ち砕いた。

 C大阪の選手たちはバタバタとピッチに倒れ込み、悲劇の主人公となってしまった。呆然と一点を見つめる者。頭を抱え込み今にも泣きそうな顔を浮かべる者。そして、西澤は悔しさをあらわにし、何かを叫びながら、拳をピッチに叩きつけた。

 その瞬間を切り取った写真が掲載された誌面は、今なお筆者の手元にある。この原稿を書くために再びページをめくると、当時の情景が蘇り、胸が張り裂けそうな想いにかられた。


 翌年、C大阪はまたして優勝争いを演じた次の年にJ2に降格し、そのタイミングで西澤は地元である清水エスパルスに移籍。ナビスコカップで決勝進出を果たしたものの優勝には届かず、ついに無冠のまま2009年に復帰したC大阪で現役を退いた。

 果たして西澤は、自身が言うように「一生負け犬」のままで終わってしまったのだろうか。

 タイトルを手にできなかったという意味では、そうだったかもしれない。しかし2005年、とりわけ12月3日に放った輝きは、色褪せることなく、今なお多くの人の胸に刻まれているはずだ。