藤川京子

写真拡大

 前走のシンザン記念で、サンクテュエールが牡馬を相手の競り合いを制したレースを見れば、今後が楽しみになった筈です。私もその1人です。京都の右回りでも力を発揮出来る事も確認出来たし、桜花賞への準備も間に合ったと思ったのですが、大きな不安材料があります。速い持ち時計がないのです。まだ、3戦しか走ってないので、ペースの速いレースが無かっただけの可能性も高いですが、桜花賞の決着は1分33秒前半だと思いますので、好タイム実績が好タイムの出やすい東京で1分34秒4ですから、ちょっと足りない感じです。ただし、馬場が少し湿っていた可能性もあるので、馬場の可能性も拭いきれません。

 同様にアーモンドアイのように、前走が稍重だったり、巡り合わせで好タイム実績が無いままに、桜花賞を制する馬もいますので、単純に走ったレースのペースに合わせただけという可能性も大きいかもしれません。鞍上も2年連続でこのレースで勝っていますし、馬券圏内で言えば3年連続で頼もしい限りですが、右回りの京都の実績があるので、左右は大丈夫だと思いますが、初めての阪神コースと速いペースが重なると、アルテミスSでサンクテュエールより先着したリアアメリアが阪神JFで6着になってしまったように、未経験の壁に立ちはだかるかもしれません。
 阪神なので、末脚勝負かもしれません。近年は中段にいた馬と最後方からの末脚勝負になっています。上がりタイムだけを見れば、リアアメリアが一番時計ですが東京なので、あてになりません。阪神だと、クラヴァシュドールとウーマンズハートが好タイム実績があります。マルターズディオサとくらべると0.1秒差なので、誤差の範囲内ですが、有力な条件に入ります。

 ちょっと気になるのがデアリングタクト。前走は走破タイムも上がりタイムも好タイムでした。2連勝中で前走は末脚を使ってぶっちぎりでした。もしかしたら、有力馬も思わぬ伏兵に苦しめられるかもしれません。

ワイドBOX 5、11、6 
ワイドBOX 9、4、8