【今週の予想】
☆中山6R 3歳1勝クラス(芝1800m)
 シベールの巻き返しを狙う。前走は初の1400mを使ったが、出遅れて後方からの競馬となった上、終始外を回るロスがあったため、さすがに残り200mあたりで脚色が鈍り5着まで。それでも4コーナーで上がってきた脚や、直線で見せた伸びはキラリと光るものがあった。また、ジョッキー曰く、1400mの距離は少し短いとのことで、今回の距離延長はプラス。メンバー的にも巻き返す可能性は十分。
◎シベール
〇ピーエムピンコ
▲ジェラペッシュ
△₁ラキャラントシス
△₂カインドリー
買い目
【馬単】4点
◎→〇▲△₁
〇→◎
【3連複2頭軸流し】3点
◎〇-▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】12点
◎→〇▲△₁→〇▲△₁△₂
〇→◎→▲△₁△₂

☆阪神11R 桜花賞(GI)(芝1600m)
 逃げ、先行、差し、追い込みと各戦法に有力馬がおり、ハイレベルなメンバーが揃った今年の桜花賞。中でも2戦2勝と負けなしのデアリングタクトを狙いたい。本馬の魅力はメンバー随一と言ってもよい瞬発力。デビュー戦は勝負所で前が壁となり、追い出し始めたのは残り200mあたりからだったが、いざ追い出し始めるとあっという間に加速して、ゴール前では流して2着に0秒2差と非凡な瞬発力を見せたが、それ以上に衝撃的だったのが次走のエルフィンS。直線入り口では後方3番手であったが、軽く追っただけでグングン加速してあっという間に先頭に立つと、残り50mあたりから流して2着馬に0秒7差もの着差をつける圧勝劇。それも負かした馬の中には後にフィリーズレビュー(GII)を勝つエーポスもおり、決してメンバーに恵まれたわけではない。今回はレシステンシアやスマイルカナがおり、後続になし崩しに脚を使わせるような淀みのない流れになる可能性は高いが、エルフィンSで1000m通過が58秒5という淀みのない流れの中を差し切っており、展開的にも問題なし。無敗の桜花賞馬誕生に期待する。相手本線はレシステンシア。前走はスローで逃げたため、瞬発力勝負になり差されてしまい3着に敗れたが、これで本馬の型が決まった。今回は持久力勝負に持ち込むよう淀みのない流れにするのは明白で、そうなれば阪神JF(GI)の再現があってもおかしくない。一発があるとすればクラヴァシュドール。以下、マルターズディオサ、リアアメリア、サンクテュエールまで。

◎(9)デアリングタクト
〇(17)レシステンシア
▲(11)クラヴァシュドール
△(5)マルターズディオサ
△(8)リアアメリア
△(4)サンクテュエール
買い目
【馬単】6点
(9)→(4)(5)(8)(11)(17)
(17)→(9)
【3連複1頭軸流し】10点
(9)-(4)(5)(8)(11)(17)
【3連単フォーメーション】16点
(9)→(5)(11)(17)→(4)(5)(8)(11)(17)
(17)→(9)→(4)(5)(8)(11)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。