65歳になった平凡なサラリーマン・江月朝一(小日向文世)と今年70歳になる妻・夕子(竹下景子)は、子供がなく、夫婦2人で静かな老後を送るはずだった。そんな朝一が定年退職した日、送別会も断って家に帰ると、夕子から「私、妊娠したの」と告げられた。

なかなか現実を受け入れることができない朝一は、夕子が認知症になったかと疑い、産婦人科で胎児の超音波画像を見せられても、「腫瘍ですか」と真顔で尋ねてしまう。夕子は「私、産むわよ」と張り切るが、朝一は世間体や子育ての面倒を気にしてためらっている。しかし、産婦人科医の紹介で夕子を診断した朱鷺ヶ丘大学病院院長・鬼子母龍太郎(中村梅雀)から、活発に動く胎児のエコー診断映像を見せられ、朝一は「死ぬその日まで頑張って生きて、子育てする」と決意した。

息苦しくて健康診断受けているのに...陣痛が始まった!

夕子は妊娠の安定期に入り、出産に向けてどんどん準備を進めるが、一度は「死ぬまで頑張る」と誓ったものの、朝一には今ひとつ実感が湧かない。夕子から「ママパパ教室」に行くように勧められても、「そんなもの行かなくてもパパになるんだし」と抵抗する。

それでも「ママパパ教室」に通い始めたが、入浴させる練習で、人形を湯船に落として『溺死』させたりと失敗の連続だ。ある夜、朝一は不意に息苦しさを覚え、健康診断を受ける。そして、ついに夕子に陣痛がきた。

原作は、タイム涼介の漫画「セブンティウイザン 70才の出産」と「セブンティドリームズ 70才からの希望」。もちろんフィクションだが、そこで描かれている超高齢出産をめぐる医学的、社会的、経済的な問題はリアルだ。降りかかってくるさまざまな問題を、夫婦は思いやりと協力で乗り越えていく。合計135歳の新米ママ&パパの笑って泣けるホームドラマだ。実年齢66歳の竹下景子のおばあちゃんママぶりが素敵だ。(よる10時放送)

寒山