ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年も無事に3歳クラシックの開幕を迎えることができそうです。

 クラシックの出走、そして勝利というのは、競走馬にとって一生に一度のチャンスですし、GI競走の中でも特別な意味を持ちます。

 ゆえに、新型コロナウイルスの感染拡大防止へ「緊急事態宣言」が発令された状況にあっても、引き続き競馬が開催され、クラシックが行なわれることになったことは、出走予定馬の厩舎スタッフや騎手、そして牧場の人々や馬主など、多くの関係者が安堵していることでしょう。皆、この舞台に立つことを夢見てがんばってきたわけですからね。

 さて、牝馬クラシック第1弾は、GI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)。今年は例年にない混戦ムードとなっています。その理由のひとつは、トライアルを挟まずに、桜花賞本番に臨む素質馬が多いからです。

 牝馬の出世レースとして名高いGIIIシンザン記念(1月12日/京都・芝1600m)を勝ったサンクテュエール(牝3歳)や、エルフィンS(2月8日/京都・芝1600m)を完勝したデアリングタクト(牝3歳)、GIIIクイーンC(2月15日/東京・芝1600m)の1着ミヤマザクラ(牝3歳)に、僅差の2着となったマジックキャッスル(牝3歳)らがそうです。どの馬も、年によっては人気の中心になってもおかしくない力の持ち主です。

 今年の桜花賞が混戦で、絶対的な中心馬がいないもうひとつの理由は、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月8日/阪神・芝1600m)→GIIチューリップ賞(3月7日/阪神・芝1600m)という、牝馬クラシック戦線の”王道ローテ”の結果によるものでしょう。

 阪神JFでは、断然の1番人気に推されたリアアメリア(牝3歳)が6着に敗れ、代わって、当時は伏兵扱いだったレシステンシア(牝3歳)が5馬身差の圧勝を決めました。

 しかしその後、阪神JFの上位勢が顔をそろえたチューリップ賞では、阪神JFで驚異的な強さを見せたレシステンシアが3着、阪神JF2着のマルターズディオサ(牝3歳)が勝利しました。

 この2つのレースにおいて、上位3頭の顔触れは一緒だったものの、着順が入れ替わったことで、本当に強い馬はどの馬なのか、わかりにくくなっているのだと思います。

 ともあれ、牝馬クラシックというのは、阪神JF、チューリップ賞、そして桜花賞という、同じコースで行なわれる3つのレースにこそ、最もいいメンバーが集結。ハイレベルなレースが繰り広げられます。

 それに関しては、今年も変わらない、と考えています。

 ですから、今年の桜花賞は、”王道ローテ”でいい競馬をしてきた馬たち、レシステンシア、マルターズディオサ、クラヴァシュドール(牝3歳)の3頭が、他の路線からくる馬たちより、地力も、経験値も一枚上と、個人的には見ています。

 2歳女王のレシステンシアについては、チューリップ賞で3着に負けたことが、桜花賞という大目標に向けては、かえってよかったのではないでしょうか。スローペースの逃げで負けたことにより、レシステンシアの勝ちパターンは、阪神JFのようなハイペースの持久戦に持ち込むこと、とハッキリしましたからね。

 それに、もしチューリップ賞でも楽勝していたら、桜花賞では圧倒的な1番人気で走ることになっていたはず。逃げ馬がクラシック本番で1本かぶりの人気を背負うのは、決して楽なことではありません。結果として、「1強」ではなく、「有力馬の1頭」という立場で走れるようになったことは、精神的にもかなり大きいと思いますよ。

 鞍上は、武豊騎手に替わりますが、レシステンシアの個性を考えると、いい手替わりだと思います。阪神JFの勝ち方、チューリップ賞の負け方も、きちんと分析していて、最終追い切りではしっかりとコンタクトが取れていました。本番でも、馬の力を出し切る乗り方をしてくれるに違いありません。

 美浦の手塚貴久厩舎所属のマルターズディオサは、阪神JF2着、チューリップ賞1着。あまり人気にならないタイプですが、安定感は今年のメンバーの中ではトップクラスです。

 なお、手塚厩舎と言えば、クラシックの常連と言っていい名門厩舎。今年は、トライアルのアネモネS(3月15日/中山・芝1600m)を快勝したインターミッション(牝3歳)との2頭出しですし、本当に力がある厩舎だと思います。

 マルターズディオサ自身、デビューから5戦のうち4戦で33秒台の脚を使っていて、ゴール前の追い比べでも負けない勝負根性を備えています。総合力の高さという点では、レシステンシア以上かもしれません。

 クラヴァシュドールは、阪神JF(3着)、チューリップ賞(2着)と、マルターズディオサに対して、いずれもハナ差負けですが、こちらも能力の高さは疑いようがありません。

 気になる点があるとすれば、チューリップ賞時点では賞金が足りなかったため、トライアルにしては「ビッシリと仕上げてきたな」と感じたこと。今回、どれだけの上積みがあるのか、その点がカギになりそうです。



「3強」をまとめて負かす可能性を秘めているデアリングタクト

 今年の桜花賞は、基本的にはこれら阪神JF、チューリップ賞で上位を占めた3頭が中心と考えていますが、「ヒモ穴馬」については、別路線組から魅力のある馬を取り上げたいと思います。

 2月のエルフィンSで後続に4馬身差をつけて勝利し、桜花賞に直行してきたデアリングタクトです。王道路線の面々を、まとめて差し切る力があるとすれば、この馬だと思っています。

 見てのとおり、と言うしかないのですが、とにかくエルフィンSは強い競馬でした。大外を回りながら、2着馬とは1秒近く違う上がりをマーク。とりわけ、最後の1ハロンの突き抜け方が、普通の馬とはまったく違っていました。

 エルフィンSで強い勝ち方をした馬と言えば、ウオッカやマルセリーナといった名牝が思い出されますが、デアリングタクトの勝ち方を見た時、個人的には過去のエルフィンSを勝った馬より、シンザン記念を勝ったアーモンドアイのほうが先に頭に浮かびました。それぐらい、強烈なインパクトがある勝ち方でした。

 ただ、デアリングタクトは、まだキャリア2戦。どちらも小頭数で、外を回す楽な勝ち方でした。能力の高さは間違いありませんが、多頭数のGIとなる今回、これまでと同じ力を出し切れるかどうか、といった不安があります。

 また、騎手の心理からすると、素質を感じる馬ほど、将来のことを考えて、いろいろなことを試したくなるものですが、この大一番で勝ちにいくなら、これまで同様、たとえ最後方からになっても、腹をくくって、大外一気にかけるほうがいいかもしれません。 鞍上は、デビューからコンビを組む、松山弘平騎手。今年絶好調の彼がどういった作戦で騎乗し、それに応えるデアリングタクトがどんな走りを見せるのか、楽しみです。