映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』竈門炭治郎&煉獄杏寿郎の剣戟をスクリーンで

写真拡大

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、2020年10月16日(金)より全国ロードショー。

人気漫画『鬼滅の刃』待望の初映画化

吾峠呼世晴原作の『鬼滅の刃』は、家族を鬼に殺され、鬼となった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため“鬼殺隊”へ入隊した少年・竈門炭治郎(かまど たんじろう)の戦いと奔走、そして人と鬼を巡る切ない物語を描いた漫画作品だ。2016年から「週刊少年ジャンプ」にて連載を開始、単行本のシリーズ累計発行部数4,000万部を突破し、2019年にはテレビアニメ化。今最も勢いのある作品として人気を博している。

そんな漫画『鬼滅の刃』が、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』として初の映画化。本作はアニメ第1期“竈門炭治郎 立志編”の最終話から繋がる物語となっており、躍動感溢れる主人公・竈門炭治郎らの鬼気迫る剣戟アクションをスクリーン上で大迫力で描く。

登場キャラクター

劇場版には、アニメに引き続き、主人公の竃門炭治郎をはじめ、その妹・竈門禰豆子、“鬼殺隊”の我妻善逸(あがつま ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら いのすけ)らが登場。また、“鬼殺隊”の主軸となるメンバー“柱”を構成する一員、煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)が、今回の任務に同行する。そして、選ばれた鬼“下弦の壱”である魘夢(えんむ)が敵として立ちはだかる。

主題歌は、LiSA「炎」

主題歌は、LiSAによる新曲「炎」。TVアニメのエンディングテーマ「from the edge」も手掛けた梶浦由記とのタッグによって実現した。LiSAの力強い歌声が心に響くバラードは、作品の世界観をより盛り上げてくれる。

ストーリー

果てなく続く
無限の夢の中へ―

蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、“無限列車”に到着する。そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である“柱”のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く“無限列車”の中で、鬼と立ち向かうのだった。

【作品情報】
映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
公開日:2020年10月16日(金)全国公開
原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
脚本制作:ufotable
出演:花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、日野聡、平川大輔
アニメーション制作:ufotable
配給:東宝・アニプレックス

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
【写真付きで読む】映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』竈門炭治郎&煉獄杏寿郎の剣戟をスクリーンで

外部サイト