©ももクロChan

写真拡大 (全5枚)

アイドルグループ・ももいろクローバーZの冠番組『ももクロChan』。

テレ朝動画で公開中の『ももクロChan』DX版の最新エピソードでは、「番組グッズの弱さを補う企画!私が考える 祝10周年 ももクロChan 新グッズ」の様子をお届けします。

©ももクロChan

2020年は、番組開始から10年となるアニバーサリー・イヤー。しかし、これまで発売してきた番組グッズはどれもエッジがたちすぎていて売上がいまいち…そこで今回、新たに番組グッズをつくることに。

新グッズの参考にするべく、これまでに発売したグッズを目の前に並べて“反省会”を行う一同。そこで、玉井が「あーりんのグッズが多い…」と意外な事実に気づきます。

©ももクロChan

番組予算獲得のため、真剣にアイデアを練る3人。玉井は「玉井美容室ハサミ&くしセット」、佐々木は「チロちゃんの首輪」と、グッズ案を披露。

そんななか、高城は「ハンドルカバー」とマニアックなアイテムを提案。それを聞いた佐々木からは「ちょっと昔のヤンキー」という感想が飛び出します。

©ももクロChan

3人だけではなかなか良いアイデアが浮かばないので、アートディレクターのニイルセンが助っ人として登場。

ニイルセンは、助っ人の名にふさわしいグッズのアイデアを披露。ビジネスモデルまで真剣に考え抜かれた、一同が大絶賛のそのアイデアとは…?

さらに、「ももクロ添い寝人形」「人形焼」など、人気の出そうなグッズのアイデアをつぎつぎと提案するニイルセン。そんな彼に玉井が「貯金箱は?」とリクエストします。

するとニイルセンは即興でイラストを描いて、グッズのイメージを披露。しかし、そこでニイルセンが“痛恨のミス”!はたして、その“ミス”とは一体…。

©ももクロChan

そして今回は、「いきなりレディオChan」の未公開シーンもお届け!

このコーナーでさまざまなゲームに全力挑戦し、お腹をすかせたももクロのために、中華料理の出前を注文することに。美味しそうな中華料理を美味しそうに頬張るメンバーの様子は必見です!

上記の内容に、未公開映像を加えてお届けする今回の『ももクロChan』DX版は、必見です!