1993年〜2019年Jリーグ
『私のMVP』〜あの年の彼が一番輝いていた
第4回:2013年の大久保嘉人(川崎フロンターレ/FW)

 2013年シーズンに大久保嘉人が川崎フロンターレに加入した時、果たして活躍できるのか、疑問だった。

 ヴィッセル神戸でプレーした前年はリーグ戦26試合に出場して、わずか4ゴールしか奪えていない。おまけにこの年、神戸はJ2に降格し、大久保自身も構想外の状態で神戸を離れることになったからだ。


大久保嘉人は2013年から3年連続で得点王に輝いた

 しかも、川崎を率いる風間八宏監督のスタイルは「相手の背中を取れ」「相手の矢印を利用しろ」「目を揃えろ」などと独特だから、野性的なところのある大久保が果たして理解できるのか。そんな疑念も抱いていた。

 洗足学園音楽大学で行なわれた新体制発表会後の囲み取材では、大久保が日本代表時代に発していたすごみやオーラのようなものも感じられなかった。

 だが、その後すぐにわかるようになる。あれはただ、関東のチームへ移籍するのが初めてだから、ちょっと緊張していただけだったということに。


 そして、4カ月も経つ頃には、自分が何も理解していなかったことを痛感させられた。大久保嘉人という選手のことも、風間監督のサッカーのことも。

 この年、川崎はスタートダッシュに大きくつまずいた。

 開幕戦で柏レイソルに1−3で敗れると、大分トリニータと引き分け、サガン鳥栖に敗戦。ヴァンフォーレ甲府戦、湘南ベルマーレ戦にも引き分けた。未勝利のまま迎えた第6節の横浜F・マリノス戦には1−2で敗れ、風間監督の解任論まで飛び出した。

 不振に陥った要因のひとつが、大久保を活かす最適解がなかなか見つからなかったことだ。3−4−2−1、4−3−3、4−2−3−1と、フォーメーションは毎試合のように変わり、大久保のポジションもウイング、シャドー、インサイドハーフと、ころころ変わった。

 だが、大久保を2トップの一角で起用した第7節のベガルタ仙台戦でリーグ初勝利を飾ると、ゴールに一番近いところでプレーさせる起用法に落ち着いた。と同時に、大久保のなかで長い間眠っていたストライカーの本性が目覚め、チームも息を吹き返すのだ。


 第11節のセレッソ大阪戦で2ゴールを叩き込んだ大久保は、第13節のアルビレックス新潟戦でも2ゴール、中断後の第14節の鹿島アントラーズ戦でも2ゴールをマークする。

「このチームはどこからでもパスが入ってくる。あとは俺が決めるだけ」

 大久保はそう言って、ストライカーとしての春を謳歌し始めていた。

 第16節の浦和レッズ戦では、PKキッカーであるレナトに譲ってもらってPKを決め、ひとつの目標にしていたJ1通算100ゴールを記録する。

 当時、J1通算得点ランキングのトップは佐藤寿人で、2位は中山雅史だった。ふたりは生粋のストライカーだが、大久保には彼らとは異なる武器があった。

「どのポジションをやらせてもうまい」と風間監督が評したオールラウンドな能力である。

 それゆえ、開幕当初は活かし方の見極めに時間を要したが、前線に固定されてからは、右足でも左足でもヘッドでも、ワンタッチでもミドルシュートでも点が獲れる驚異のストライカーとして大暴れしていく。


 この年の大久保を語るうえで、父・克博さんとの別れに触れないわけにはいかない。

 闘病生活に入っていた父は、5月12日に静かに息を引き取った。その父の遺言に「日本代表になれ 空の上から見とうぞ」と記されていた。絶対に日本代表に復帰するという強い決意が、大久保を一層駆り立てた。

 息子たちが気に入っていた「ヨシト、オオクボ、ゴールを奪え。ヨシト、オオクボ、川崎のヨシト」のチャントや、大久保がゴールを決めるたびに数字が更新される「YOSHI METER(ヨシメーター)」も、大きなモチベーションになっていた。

 第21節の甲府戦ではPKを決めてシーズン15点目を奪い、神戸時代の14ゴールを上回るキャリアハイを更新。さらに、こぼれ球に抜け目なく詰めて16ゴール目も決めた。

 第28節の柏戦では2ゴールを決めたあと、相手選手と接触して首を痛めたが、「そんなに動けないけど、チャンスは作るから代えないでくれ」とベンチに頼んでフル出場を果たし、すごみを見せた。


 得点王へのラストスパートとばかり、第31節の清水エスパルス戦で頭とPKで2ゴールを奪うと、第32節の浦和戦、第33節の大分戦の連続ゴールで得点数を26に伸ばし、初の得点王を確かなものにする。

 さらに、等々力陸上競技場に首位の横浜FMを迎えた最終節では、強烈なブレ球シュートを見舞ってレナトの決勝ゴールをお膳立て。目の前での胴上げを阻止するとともに、チームをACL出場へと導いた。

 サッカーセンスの塊で、本能的に相手の嫌がることができる大久保は、まさに風間スタイルに打ってつけの選手だったのだ。

 2014年もゴールを量産した大久保は、ブラジル・ワールドカップの日本代表メンバーに滑り込みを果たし、この年、翌年と3年連続得点王に輝くのは、ご存知のとおり。

 圧巻のゴールショーを見せ、向かうところ敵なしだったストライカーの本当の姿を知るのは、1対1のインタビューをさせてもらった時のことだ。


「FWは点を獲っても、次の試合で獲れないと批判される。いい時は長く続かないから、今も、もう獲れないんじゃないかっていう不安が常にある。でも、不安だから練習する。やれるっていう自信と大丈夫かなっていう不安、その両方が大事なんですよ」

 当時、川崎の麻生グラウンドには、全体練習後にシュート練習を繰り返す大久保の姿があった。3年連続得点王の偉業の裏には、不断の努力があったのだ。