[故障者情報]

 ツエーゲン金沢は9日、FW大石竜平が右膝前十字靭帯損傷で全治6か月と診断されたと発表した。3月のトレーニングマッチで負傷し、すでに手術を終えているという。

 国士舘大出身の大石はプロ1年目の昨季、J2リーグ戦38試合に出場。6得点を記録していた。