外出自粛の影響でネット通販利用拡大の兆しが見え始めるなか、ソーシャルメディアサービスやシェアリングエコノミー事業を展開するガイアックスは、同社サービスにメルマガ集客機能を追加。いわゆる"巣ごもり消費"をターゲットにした販促支援を提供する。

「SNAPBOARD」(公式Webサイト)

販促支援サービス「SNAPBOARD」は、コーディネートスナップと言われるアパレル業界の販売員が投稿する着衣のコーディネート画像投稿を有効に活用するための販促ツール。スナップ画像の「投稿」とサイト内への「表示」を簡単に行え、どのスナップ画像がECサイト売上に貢献したかを評価する機能なども備えている。

今回発表したメルマガ集客強化機能では、メールマガジン本文にコーディネートスナップの一覧を簡単に貼り付けられる。コーディネートスナップ機能を活用し、メールマガジンからの集客向上を仕組みとして提供する。

販促支援サービス「SNAPBOARD」のメルマガ集客強化機能の利用イメージ(同社資料より)

メルラボ(Mail Marketing Lab)が調査した「メールマガジンに関する意識調査2019」によれば、メールマガジン経由で商品を購入したことがある人は4割。メールマガジンを通したEC購入層が高い割合を占めている。