イベント自粛が続くなか、芸能人が自宅から動画を配信している。再生回数350万回というのは、Official髭男dismのヒット曲「Pretender」を歌う声優・野沢雅子の真似をする、お笑いコンビ「アイデンティティ」の田島直弥。歌詞も少しだけ変えて「運命の人はオラじゃねぇ」と歌っている。

こうしたよく知られた歌を「クセを強く歌う」動画は他にもある。「ココリコ」の遠藤章造は尾崎豊の「I LOVE YOU」を「クセがありすぎる『I LOVE YOU/尾崎豊』歌ってみた」を投稿。司会の加藤浩次は「(クセの強さは)尾崎豊はまだ"さわり"です。長渕剛さんの曲なんて完全に遠藤のものにしてしまっている」と言う。

ゴールデンボンバーの喜屋武豊はX JAPANの「紅」爆唄

このほか、X JAPANの「紅」を爆唄するのはゴールデンボンバーの喜屋武豊。続いて紹介されたのはKing Gnuの「白日」をキーボードを弾きながら歌う広瀬香美は、4月10日にあいみょんの「マリーゴールド」をユーチューブで公開するという。

加藤が「このご時世、アーティストの方に『スッキリ』のスタジオで歌ってもらうことはできませんが、自宅で(放送を)つないで、生でやってほしい」

近藤春菜キャスター「やってくれてもいいよという方は、ぜひご連絡ください」