カスペルスキーは4月8日、統合セキュリティ管理アプリケーション「Kaspersky Security Center バージョン12」およびエンドポイントセキュリティアプリケーションの「Kaspersky Endpoint Security for Windows バージョン11.3」、「Kaspersky Endpoint Security for Mac バージョン11.0.1」、「Kaspersky Endpoint Security for Linux バージョン11.0.1」の提供を開始した。有効なライセンスを所有するユーザーは、無償で最新バージョンを利用できる。

クラウド環境のポーリングに使用する接続の追加画面

「Kaspersky Security Center バージョン12」では、新たにGoogle Cloud(Google API)に対応した。これにより、クラウド環境における管理対象マシンの検出とエンドポイントセキュリティアプリケーションの展開が容易となった。

また、Web管理コンソールで管理できるエンドポイントセキュリティアプリケーションが、これまでのWindowsとLinuxに加え、Macも対象となった。

「Kaspersky Endpoint Security for Linux バージョン11.0.1」では、ふるまい検知、Dockerコンテナスキャン、ネットワーク攻撃防御などセキュリティ機能が強化された。

Kaspersky Endpoint Security for Linuxのアプリケーション設定画面(Web管理コンソール)