「エロ賢い」でブレイク

写真拡大

 群雄割拠の「アイドル戦国時代」において近年、有名大学の才色兼備な女性が積極的にグラビア界に進出している。グラドル評論家の本末ひさお氏が語る。

【写真】千代田唯が畳に横になってポーズ

「SNSの普及によって、“グラドル”と呼ばれる女性が非常に増えていることが影響していると思います。一昔前は芸能事務所に所属することが当たり前でしたが、最近は自分でセクシーな写真をアップすることをきっかけに、タレント的な活動をする人も増えてきました。そうした戦国時代で台頭するためには、何かしら“一芸”が求められます。そこで事務所側も高学歴のタレントにその肩書きの意外性を武器にして参戦させているのでしょう」

 千代田唯は、立教大学法学部国際ビジネス法学科卒業。AKBの元「バイトAKB」のメンバーで、ワイン好きとしても知られる千代田はいう。

「在学中は日本と海外の政治を比較する勉強をしていました。この時に得た考察力が、その時々で流行が変わる芸能界に臨機応変に対応できる力になったと思います。今後は昨年優勝した『ミスワイン』の経歴を活かしてワイン普及活動をしたいです!」(千代田)

 青山学院大学卒の岡田紗佳は、ファッションモデルとして活躍するほか、プロ雀士としても人気を博す。岡田はこう語る。

「すでにモデル活動を大学時代からしており、仕事と学業の両立に必死で4年間が一瞬でしたね。グラビアは撮影が好きだったのと、表現の幅を広げるために挑戦しました。将来は海外に関わるようなお仕事もしてみたいです」(岡田)

 慶應義塾大学出身の福井セリナは、薬学部卒業で、薬剤師の資格を持つ異色のグラドル。今春よりテレビ東京の格闘技番組にレギュラー出演が決定している彼女はいう。

「薬学部で医療関連や栄養のことを学びました。就活中に事務所入りし、さらけ出すのが苦手な自分を変えようとグラビアに挑戦しました。今後は薬剤師、タレント、そして芝居もできる女優の三刀流になれるように頑張りたいです!」(福井)

 小林穂乃香は今春、上智大学を卒業したばかり。文学部ドイツ文学科出身の彼女は、グラビア活動のほか、女優を目指して活動中だ。

「憧れの有村架純さんも過去にグラビアをやっていたと知り、挑戦しました。学生時代はメディア論で有名な碓井広義教授の下でテレビ番組制作なども行ないました。その時に学んだ積極性や説得力が今の仕事に活きています」(小林)

 コスプレイヤーとして活動するほか、レースクイーンやグラビア活動も行う東堂ともは、東京大学出身。最高峰の大学を卒業した彼女はいう。

「在学中はアニメ好きでオタクな4年間でした。そこからコスプレを始めたんですが、就活もせず『学歴を無駄にした』と自責の念にかられることもありました。ですが最近は知ってもらうことも増えて、自信が持てるようになりました」(東堂)

 グラビアという「職業」が男性のみならず、女性からも注目を集めるようになった点も影響している。

「近年、泉里香さんや馬場ふみかさんといった女性ファッション誌のモデルがグラビアで活躍し、“モグラ”と呼ばれ人気を博しました。田中みな実さんの人気なども相まって、ナイスバディを見せることで女性の憧れの存在になるケースが増えた点も、高学歴の女性が挑戦しやすくなった理由の一つといえるでしょう」(前出・本末氏)

 もう一つ後押しの意外な要因になっているのが、「クイズ番組」の人気ぶりだ。

「雑誌のグラビアや表紙の仕事は、ファンはもちろんのこと業界関係者へ向けた名刺代わりのアピール材料になります。クイズ番組で高学歴女性タレントの需要が増えているため、グラビア出演で認知度を高め、声をかけてもらいたいという意向もあるのではないでしょうか」

 かつての横浜国立大学出身の眞鍋かをりや東京学芸大学卒の優木まおみのように、「高学歴グラドル」がマルチに席巻する時代が到来するかもしれない。

※週刊ポスト2020年4月17日号