マネーフォワードグループでフィナンシャル・アドバイザリーサービスを提供するマネーフォワードシンカとGMOグループで国内外のIT系ベンチャー企業への投資と事業拡大支援を行うGMO VenturePartnersの2社は6日、新型コロナウイルスによってもたらされるリセッションによる経営被害に対して支援を行う「新型コロナ・リセッション対策プログラム」の提供を行うことを発表した。

プログラムはGMO VenturePartnersの投資先企業を対象に、新型コロナウイルスの影響によってもたらされる経営被害に対応するための施策について、両社が無料でアドバイスを行うというもの。具体的な支援内容は、資金調達ノウハウの提供、不況時の資金繰りに関する経営アドバイス、開発体制の最適化に関するアドバイスなど9項目。

(1)資金調達ノウハウの提供(エクイティ、融資)

(2)不況時の資金繰りに関する経営アドバイス

(3)開発体制の最適化に関するアドバイス

(4)組織づくりの最適化に関するアドバイス

(5)オフィスプランに関するアドバイス

(6)自社サービスのM&Aに関するアドバイス

(7)海外のベンチャーキャピタル、スタートアップにおけるアクションプランの情報提供

(8)各種サービスの一括代行契約(AWS、オフィス賃貸)

(9)費用の見直し(保険料等)に関するアドバイス