昨季J1王者、横浜FMが活動休止を発表…新型コロナ拡大の影響でJクラブ続々と

写真拡大

 横浜F・マリノスは7日、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、トップチームの活動を当面の間休止することを発表した。

 Jリーグでは、新型コロナウイルスの影響によって、すでに数多くのクラブが活動休止を発表している。横浜FMは、クラブ公式HPで以下のようなリリースを掲載している。

「横浜F・マリノスでは、新型コロナウイルス感染拡大防止として、トップチームの活動を当面の間休止することとなりましたのでお知らせいたします。クラブ事務所については、3月1日より在宅を中心とした勤務体系をとっており、在宅勤務での業務を継続いたします。また、アカデミー・スクール活動は、学校の休校に合せて現在活動を休止しております。トップチーム選手、監督、スタッフをはじめ、クラブの全従業員による、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めて参ります。活動再開時期については、今後の政府・自治体の要請内容などを考慮して判断していきます」