トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスは4月6日より、電子マネー決済、QRコード/バーコード決済が利用可能なスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」について、先行のiOS版アプリに加え、Android版アプリの無料提供を開始すると発表した。

「TOYOTA Wallet」は、プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」、クレジット型サービス「TOYOTA TS CUBIC Pay」、デビット型サービス「銀行Pay」の3つの支払い手段から選択できる決済サービス。

「TOYOTA Wallet」で利用できる支払い手段

今回、三井住友銀行に加え、ゆうちょ銀行、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、沖縄銀行、北海道銀行、北陸銀行の8行が「銀行Pay」パートナーに加わった。

デビット型サービス「銀行Pay」は、銀行の口座を「TOYOTA Wallet」アプリに直接連携することで、店頭でQRコード決済を行う際にリアルタイムで口座から代金を引き落とす。

また4月6日より、「TOYOTA TS CUBIC CARD」の会員は、トヨタ販売店で利用できる「TOYOTA TS CUBIC Pay」を、「TOYOTA Wallet」アプリからも申し込めるようになった。