中国政府専門家チームのトップを務める鍾南山 ※1月22日撮影(写真:財新記者 梁莹菲)

新型コロナウイルス対策で中国は「都市封鎖」に踏み切ったが、韓国は実施しなかった。両国の専門家の間では見解が食い違っている。「マスク不要論」を全否定する意見も飛び出した。

「複数の国で感染が急速に拡大し、感染者は1日で1万人も増加している。これは大きな問題だ」

4月2日、中国工程院院士(訳注:理系研究者最高の栄誉とされる)の鍾南山は、新型コロナウイルス感染予防に関する国際会議でそう語った。

「もし一部の国が爆発的な感染拡大のコントロールに失敗すれば、全世界に災いをもたらすことになるだろう。私が最も心配しているのはこのことだ。

患者が極端に増えれば、医療システムに巨大な負担をもたらし、ベッドや医療施設、医療従事者の不足を招き、さらにひどい悪循環を生み出す可能性がある。

無症状の感染者にも感染力がある。2種類の無症状感染者にいっそう注意するべきだ。感染者の濃厚接触者と、感染拡大地域から来た者である」(鍾南山)

武漢は都市封鎖後4週間で基本的に終息

鍾南山は1月20日に、新型コロナウイルスが「ヒトからヒトへ」、医療従事者にも感染していると公表した人物だ。

「当時、中国政府は二者択一を迫られていた。抑制策を取るか、緩和策を取るかだ。抑制策をとれば、経済に大きな傷をもたらすのは明らかだった。だが、新型コロナウイルスの感染力は強い。”緩和”は有効だっただろうか?

政府は最終的に抑制策を選択した。まず1月23日に、(湖北省)武漢を封鎖。武漢に行くことも、武漢を離れることも禁止した。同時に、感染者数と感染の疑いがある患者数をリアルタイムに公開し始めた。早期予防、早期発見、早期診断、早期隔離を末端まで徹底させ、すべての濃厚接触者および無症状接触者に対して、PCR検査を直ちに実施した」(鍾南山)


本記事は「財新」の提供記事です

中国における新型コロナとの闘争を、鍾南山は次のように総括する。「1月23日に抑制策を開始し、感染者数は約2週間でピークに到達。その2週間後に減少し始めた。4週間で基本的にコントロールできたことになる」。

一方、マスクの着用が有効かについて論争が続いている。

マスクをしたとしても、感染者から他の人への感染を防げるだけだと主張する人もいるが、鍾南山の考えはノーだ。「新型肺炎の予防のカギは、距離を取ることとマスクを着用すること。マスクは、自分を感染から守るうえで重要だ」と話す。

なぜマスクが必要なのか? 鍾南山は、「マスクを着用することで、飛沫感染という主要な感染経路を遮断できる」と語る。

最近では、チェコやオーストリアなどが世界保健機関(WHO)のガイドラインに従うことをやめ、大衆が公共の場でマスクを着用するよう奨励し始めた。

アメリカも政策の転換を検討しているが、マスクの供給がいっそう厳しくなることを懸念し、まずは医療従事者の保護を優先したいとしている(訳注:アメリカ現地時間4月3日、疾病予防管理センター(CDC)は、公共の場での布マスクなどの着用を奨励し始めた)。


新型肺炎 中国現地リポート「疫病都市」を無料公開中です(画像をクリックすると週刊東洋経済プラス緊急リポートのページにジャンプします) 

鍾南山は、中国での経験に基づいて、感染が拡大した重点地域を封鎖し、社会的距離を保ち、マスクを着用することが、ウイルスのさらなる感染拡大を防ぐ最善の方法だと確信している。

これとは異なる手法で成果をあげたのが韓国だ。

都市封鎖なしで感染拡大食い止めた韓国

4月2日の国際会議には、ソウル大学公衆衛生大学院のクォン・スンマン教授も出席し、韓国が感染拡大を比較的早く食い止めた経験を紹介。都市封鎖を行った中国とは異なり、「店はすべて開いているし、空港も稼働している」という。

「韓国の戦略は、早めに行動することだ。過度な影響を心配するべきではない。過度な影響も、効果不足よりはましだ。

1月末、韓国の感染者は10人に満たなかったが、政府はすぐに行動を開始。検査試薬を準備するため、生産許可を発行して生産を急いだ。そして、大規模な検査を実施した。当時は、このやり方が正しいと確信していたわけではなかった」(クォン)

大規模な検査によって感染者数は激増した。同氏によると、これによってより多くの人々が病院で治療を受けられたという。政府も、重症者は入院治療を受け、軽症者はホテルなどで隔離治療を受けていると明らかにした。


上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

クォンはさらに、韓国が感染者の追跡に関して、非常に急進的で有効な方法をとっていると説明。感染者のスマートフォンやGPS位置情報などを調べ、各種の監視カメラ映像によって行動履歴を追うのだという。

「西側の国家では不可能なことかもしれないが、感染拡大をうまく抑止できた。韓国は都市封鎖を選択せず、大きなコストをかけて感染者を追跡した。都市封鎖にもメリットはあるが、経済的な代償が大きい」(クォン)

韓国ではマスク着用や手洗いの励行、距離の確保など、社会的な呼びかけも広く行われている。同氏によると、「韓国では、マスクなしで大通りを歩いていると多くの人に指をさされ、マスクを着用させられる」という。

(財新記者:周東旭)
※敬称略。4月3日7:28配信記事より抄訳