結婚前に同棲をしておきたいという男子は意外と多いもの。ところが、同棲までしたのにも関わらず、結婚がダメになってしまったというケースも・・・。そこで今回は、実際に破局を経験をしたアラサー男子たちに、その理由を聞いてみました。

【詳細】他の写真はこちら

Mさん(IT関連会社勤務・32歳)の破局談



体調が悪いのに労ってくれなかった





「同棲2年目の年末、会社が休みになったあとに体調を崩したんです。その日は、一緒に住んでいる彼女と家の大掃除をする予定だったんだけど、朝からどうもだるくて頭痛がして、起き上がれなくて。結局お昼過ぎまで寝ていたら、彼女にキレられた。

『具合が悪い』といったら、『じゃあ熱を計ってみて』と言われて、僕が計らなかったら本当に具合が悪いかわからないと言われ、そのままお互い口論に・・・。その後体調が悪化し、病院に行ったらインフルエンザだったんだけど、具合が悪いのに労ってくれない子とは結婚はないな、と思いました」

将来の子育ての方針がすでに違っていた!

Hさん(不動産関連会社勤務・27歳)の破局談



子育て方針がわかり合うことは2度とありませんでした





「結婚する覚悟で一緒に住み始めた彼女がいました。両方親にもお互いやんわりとそのことを話してあって、タイミングを見てあいさつに行こうかな・・・なんて思っていたんですが、わずか1年で別れることに。その理由は、価値観の違い。

お互いに子どもが欲しかったから、将来子どもが生まれたら・・・なんて話をよくしていたんです。一見するとラブラブの会話にしか聞こえないだろうけど(笑)、あるときこれが疑問を抱くきっかけに。実は保育園を経営している親戚がいたりして、僕の家や親戚周りは結構お受験とかどこの高校、大学に行かせるとかの話をよくしているのね。当然僕も、自分の子どもにはせめて大学受験だけは人生を賭ける勢いでしてほしいと思ってる。

ところが彼女は、高校時代は人生で1度しかなく、勉強だけに費やすのはもったいないし可哀想だというんです。高校時代は青春を謳歌するべきだと。いやいや、大学次第で選べる仕事が変わってくるし、一生問題でしょ・・・って具合に、意見はどんどん食い違い、そして2度とわかり合うことはありませんでしたね。

まあ、結婚前にわかってよかったです。価値観の違いってやっぱり、一緒に住んでみないとわからないことがあるね」

結婚予定の彼女の二股が発覚!

Aさん(商社勤務・29歳)の破局談



浮気相手と別れてくれるまで待つ、と言った結果・・・





「4年前のこと。同棲していた彼女のことが当時大好きで相思相愛だと思っていたし、僕の北海道の実家にまで連れていって、親や親戚、友達にまで紹介していたんだけど彼女の二股が発覚して、婚約解消しました。

二股の相手は既婚者。だから変な外泊もなくて僕も疑うことはなかったんだけど、あるとき見覚えのないネックレスを見つけてそこから二股が発覚。それでも僕は、彼女のことが大好きだったから、別れてくれるまで待つって言ったんだけど、結局彼女は出て行ってしまいました。

裏切られるのってこんなに辛いんだって実感。しばらく結婚はいいなって思ってます。ちなみに辛い気持ちを紛らわせるためにめっちゃ仕事してたら、予定にない昇進ができて、あとから考えればラッキーだったけどね(笑)」

アラサー男子が同棲彼女と婚約解消した理由とは?



具合が悪いのに信じてもらえず、労ってもくれなかった 将来の子育てについて話していたら価値観が全く合わなかった 別の既婚者と二股をかけられていたのが発覚した

取材・文/成田リナ