富士フイルムは2020年4月6日、ペタバイトクラスのオブジェクトストレージ「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」を本日から提供を開始することを明らかにした。多くのオブジェクトストレージはコスト的な利点からHDDなどをノード化し、RESTful APIでProxyノード経由のデータ送受信を行う。だが、FUJIFILM オブジェクト アーカイブはハードウェア構成として磁気テープを採用したオブジェクトストレージを、ソフトウェアで実現するソリューションである。容量拡張性と検索性を高めるため、同社は磁気テープ用フォーマット「OTFormat」を新規開発し、2020年度中にはメタデータ検索機能を追加する予定だ。

「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」の概要

磁気テープ上のデータ参照は、一般的なオブジェクトストレージと同じくFUJIFILM オブジェクト アーカイブに実装したAmazon S3互換APIを使用。ただし、データ読み出し(GET)時はS3 Glacier 互換APIを用いる。物理ストレージは磁気テープに限らず、HDDやSSDの組み合わせることで、アクセス頻度や用途に応じたストレージ構成を実現した。富士フイルムは「個々のデータに任意のメタデータを付与することで、正確にデータの検索を可能にした」と述べ、グローバルで年率約3割の市場成長を見込んでいる。

阿久津良和(Cactus)