新型コロナウイルスの騒ぎに便乗した詐欺メールが、タイムリーにも登場した。現金給付をキーワードに引きつけようとするのが特徴で、「各省庁より重要なお知らせ」というタイトルの悪質メールを野上慎平アナが紹介した。

その中を見ると、まず「法案確定 給付金受け取りのご案内」とある。「そもそも『案』なのに確定するっておかしい」と野上アナは指摘した。

文面もおかしい。「速やかに前日本国民への給付を執り行わせていただきます」という。「前国民」と「全国民」を間違えたか。「なら今はなに国民だというのか」と野上アナもあきれた。

「日本宝くじ株式会社様からの依頼で」と支離滅裂

司会の羽鳥慎一「これを書いたのは日本人ではないのでは」

URLがついており「コチラは日本宝くじ株式会社様からの依頼で」と出る。こんな会社は実在しない。現金給付は1世帯30万円が論議されているが、この詐欺メールは「2020万円当選」と出て、懸賞サイトに誘導し、ポイントを買わそうとする。「買えば2000万円差し上げます」ともう支離滅裂。

石原良純(タレント)「よくあるやつの一つだ。セコイねえ」

野上「この詐欺はあえてクレジットカード番号を聞かないようにしています」

URLを開くと、ウイルスに感染してパスワードを盗まれるメールもある。

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「中には(一見)変じゃないメールもあるので絶対に開かないことです」