在宅勤務は集中できない……。在宅仕事5年目のライターが伝える「楽しむコツ」とは

写真拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、在宅勤務の動きが広がっている。従業員からすれば満員電車に乗らずに済むほか、住み慣れた自宅で働けるとあって理想的な働き方のはずだ。しかしいざ在宅勤務をしてみると、「想像と違った」と違和感を抱くケースがある。

 BIGLOBEが3月末に発表した調査では、「事務仕事をするための部屋や机、イスがない」や「集中力が続かない」などのストレスを感じるとの回答が目立った。筆者の周りでも「人と会えなくて寂しい」「オンとオフの切り替えができず仕事に没頭できない」などの声が挙がっている。

 そこで、約5年にわたり自宅を中心に仕事をしてきた筆者が、在宅勤務にストレスを感じる人の役に立つヒントをお伝えしようと思う。フリーランスとしての経験ではあるが、会社員にも応用できると感じるので参考にしてほしい。

◆パジャマから仕事用の服に着替える

 在宅勤務の障害のひとつは、職場と住まいが同じ場所のため公私の区別がつけにくいこと。通勤は「プライベートの自分から仕事をする自分へ切り替える準備時間」にもなりえるので、在宅勤務になったとたんに頭が混乱してしまう。実際、筆者が在宅メインの働き方を始めた時には困った。

 オンとオフの切り替えをスムーズにするための「自分なりの儀式」が必要なのだが、着替えは手っ取り早く負担が少ないやり方だ。制服やスーツを着ると、なんとなく気持ちが引き締まった経験はないだろうか。それと同じである。わざわざスーツを着る必要はないが、仕事用の洋服を何着か用意しておくと公私の切り替えがしやすくなる。

◆スケジュール管理をしっかりする

 在宅勤務だと職場と違って自分の仕事ぶりに目を光らせる人がいない分、油断するとだらけてしまう。自宅にはゲーム、漫画、お菓子、ベッドなど集中力を阻害する要因が存在する。仕事で使うパソコンでネットサーフィンをしてしまい、気付いたら時間が経っていた、ということになりかねない。仕事の進行を自分で管理しないといけないのだ。

 パソコンの文字入力ソフトに打ってもいいし、カレンダーアプリでもいいので「今日自分にはどんなタスクがあるのか」「いつまでに終えるのか」「どれくらいの時間をかけるのか」を可視化する。そうやって自分に適度なプレッシャーをかければ、やるべきことを放置してだらけにくくなる。

 進行管理以外には、働き過ぎを抑える効果もある。ネット環境さえあれば働ける働き方をしていると、ついつい仕事をしすぎてしまうリスクもある。いつでも、どこでも働けるというメリットがある一方で、いつでも、どこでも働けてしまうデメリットもある。もちろん仕事内容にもよるが、四六時中やってくる連絡に都度対応していたら、心身ともにすり減っていく。「この時間帯は働くけど、この時間帯は仕事から離れる」のように、自分が仕事に向き合う時間をちゃんと決めておくことで、在宅勤務によるストレスは軽減できる。

◆対面でのコミュニケーション以上に相手への思いやりを持つ

 在宅勤務ではメール、チャットツールなどを活用したテキストでのやりとりが増える。職場のように対面でのコミュニケーションでは相手の表情や顔色などが見えるので、相手の状態がわかる。しかしテキストのみのやりとりだと対面に比べて受け取れる情報量が圧倒的に少ないため、相手により気を配る必要がある。

 たとえばテキストには絵文字や顔文字を混ぜ、感情を出すようにしている。人によっては用件だけの文を「素っ気ない」「怒っているのかも」と感じてしまうケースがある。そのような誤解が生じたままではオンラインで円滑なコミュニケーションが取りにくくなってしまう。「わかりました」と「わかりました!」では、後者の方が動きがある。