[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

写真拡大 (全10枚)

今こそ競馬を始めるチャンスです!

何もない週末。ヒマを持てあました人がディズニー感覚でドラッグストアに並ぶのも何となく理解できる気持ちです。「今日は買えるかなー」「頑張って早く行かなくちゃ!」「やった整理券取れた!」というマスク行列そのものがアトラクション化しているのではないかと僕は睨んでいます。今朝もコンビニにスポーツ新聞買いに行ったらたくさんの人が楽しそうに並んでいました。頑張ってください!

そんな時だからこそ新しい趣味を広げるチャンスもあるというもの。野球もサッカーもラグビーもない今、「人権」という部分で病気に屈しないメジャースポーツが日本にはまだあります。それが競馬(相撲もだけど)。競馬界で最上位に立つ生物=馬には当然ながら人権がありません。そもそも人間のウイルスにかかることはないはずですし、よしんばかかって死んでも人権を問われるものではありません。愛情や財産という面では痛恨ですが、「人権無視の開催」と非難される筋がないのは競馬の強みです。

まぁ、騎手や調教師はどうなるんだという話はありますが、馬よりもヒエラルキーが下なので、まずは馬に問題がなければヨシとしましょう。彼らは日頃から、馬に病気が蔓延しないように気遣った生活と、賭け事という側面から人権無視の隔離生活を送っていますので、日常がロックダウンみたいなもの。何人か感染しちゃってますけど、馬が「こんな状況で走れるか!」「レースより生命」「メンコとかブリンカーじゃなくマスクを支給しろ」と騒ぎ出すまでは気にしないでいきましょう!

↓一応、ヒエラルキー下位の者の意見ですが、人間はやる気あるそうです!

「大事なのは競馬をつづけていくこと」
「テレビやラジオを通じても楽しめる娯楽」
「売得金の一部は国に納付、意義を感じる」

馬も人もやる気です!人はともかく馬はコロナをまったく恐れていません!

ボートとか競輪とかは人間がやってますが、まぁ、それはそれということで!



競馬は今日もレースを行なっています。朝から夕方までたっぷりと。しかもスケジュール的には今週はGI大阪杯、来週は牝馬三冠レースの口火を切るGI桜花賞、再来週は牡馬三冠レースの緒戦・皐月賞とビッグレースがつづくグッドタイミング。競馬場でレースを見ることはできそうもありませんが、テレビやラジオを通じての応援は問題なく可能です。

特に嬉しいのが競馬専門放送のグリーンチャンネルが4月19日まで無料放送を継続していること。スカパーやケーブルテレビなどを通じて、朝から夕方までたっぷりと競馬を見ることができます。スポーツ新聞を抱えたオヤジが赤ペン片手に「福永はダメだなッ!」などとヤジっているあの雰囲気を安全圏から無料で満喫できるのです。もちろんメインレースだけ楽しむなら地上波でも十分。ライブスポーツを体験できる貴重な機会が競馬にはあります!

そして、競馬のいいところは自宅から一歩も出ずに馬券を買えること。レースを見るだけでなく投票するという競馬の醍醐味が、コロナ禍でもまったく失われることなく満喫できます。武豊さんも言っていましたが、売り上げの一部は国庫に納付されるという点で、公営ギャンブルは公益性も備えています。自宅から一歩も出ずに馬券を買って損することで、お国のために貢献できる。何と素晴らしいことでしょう。一歩も出ずに損できるなんて、国民として誇らしい!(※損する前提)

家で馬券を買えるサービスはいくつかありますが、今から始めるなら「即PAT」か「JRAダイレクト」がいいでしょう。どちらもインターネットを通じて馬券を購入することができるサービスで、当日登録当日購入が可能。違いとしては、即PATは提携する金融機関の銀行口座が必要で、JRAダイレクトは指定のクレジットカードが必要というところ。「手持ちの現金で楽しみたい」人は即PAT、「クレカで借金しながら楽しみたい」人はJRAダイレクト、といった使い分けができるでしょうか。こう書くとすごいダメ人間な感じですが、自制心があれば大丈夫。外出自粛できるくらいのちゃんとした人なら生活破綻することなどないでしょう。ダメな人はこんなご時世でも元気にパチンコ行っちゃいますからね!
<即PAT対応の金融機関>

・ジャパンネット銀行

・楽天銀行
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・住信SBIネット銀行
・ゆうちょ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・auじぶん銀行

<JRAダイレクト対応のクレジットカード>
・JCBカード
・三井住友カード
・UCカード
・MUFGカード
・DCカード
・NICOSカード
・楽天カード

【はじめての方へのご案内】


どちらでもいいのですが、両方選べるなら即PATのほうがいいでしょう。即PATでは2年に1回くらいある「日本馬の凱旋門賞挑戦」などの機会にも馬券を買ってレースに参加することができます。あとは地味に「レース1分前まで買える」とか「システム利用料無料」とか「100円単位で買える」などのメリットが非常に多く、基本的にはJRAダイレクトを選ぶ理由はありません。JRAダイレクトを選ぶのはクレジットカードで借金して馬券を買いたい人だけだと僕は睨んでおりますが、まぁ、口座が噛み合わない人は仕方なく選ぶ感じでしょうか。

申し込み等々についてはJRAのサイトに譲るとして、登録が完了すればあとはレースを楽しむだけ。ヒマつぶしということであれば特に勉強などは必要ありません。基本的には「どの馬が勝つか」を当てるだけなのですから。儲けようとするとあーだこーだと賭け方の工夫が出てきますが、外出自粛のヒマつぶしでそこまで勉強する価値はありません。「1着を当てる」という1点に絞って予想し、1点で賭けるのが一番健全で一番手堅いもの。1点100円12レースなら合計1200円で一日遊べますし、ときどき儲かることさえある。ヒマつぶしのラインとしてはそこがベストです。

テレビを見ながら気に入った馬やカッコイイ馬に投票するのがベターだろうと思いますが、気分を出すなら新聞くらいあってもいいかもしれません。ものすごく気分を出すなら「勝馬」などの専門紙、気分だけでよければスポーツ新聞に挟まっている競馬面。値段はスポーツ新聞のほうが安いので、ニッカンでもサンスポでも報知でもお好きなものを選ぶとよいでしょう。違うのは「各紙の予想」と「周辺情報」だけで、基礎となる過去データはどこも同じです。

↓僕は本日は気になる連載記事のチェックのために買ったスポーツ報知の競馬面で楽しみます!

何書いてあるかよくわからない暗号みたいな記事ですが、気分なんで!

暗号が読み解けると情報のヤマなんですが、気分なんで!

↓なお、競馬新聞を買うのがダメ人間みたいで恥ずかしい場合はJRAのサイトで掲載されているのでそちらをどうぞ!

僕は新聞に書き込みながらでないとできないので紙にしますが、ネットならタダです!

手に入る情報は若干少なくなりますが、ヒマつぶしには不要だと思います!



で、この暗号みたいな情報…これを「馬柱」と呼ぶのですが、この時点でチンプンカンブンになることが多いように思います。チンプンカンプンでも馬の見た目とか馬の名前とかで投票先を決めちゃってもいいのですが、それだと箸にも棒にもかからないのを買ってしまうことも多いので、最低限のところだけは覚えてもいいでしょう。

大事なのはレースの格と着順です。レースの格としてはGIを頂点としてGII、GIIIまでの重賞競争が高く、その下に位置するオープン競争(重賞もオープン競争の一部だけれど一旦細かいことはスルー)、さらに下に位置する一般競争とつづきます。基本的には上の格のレースほど出走する馬の質が高くなります。同じ6着でもGIの6着と、GIIIの6着では「強さ感」がだいぶ違うのです。プロ野球で6位のオリックスと、社会人野球の6位チームとでは、どう考えてもオリックスのほうが強そうじゃないですか。そんな感じで。

掲載紙によって多少載せ方は異なりますが、馬柱のなかにある「GI」「GII」「GIII」などの表記を見つけ、一番大きく書いてある「1」「2」などの数字を見ることで、どんな格のレースで何着だったのかがわかります。それだけでもわかれば「絶対駄馬やん…」がわかりますし、「今は調子が悪いけれど、昔は活躍してた馬なんだな」というのもわかります。まずはこれだけ、これだけ見られるようになるのがオススメです。ほかの情報を見始めるとキリがないので!

↓JRAサイトでの馬柱を例にするとレースの格と着順はココで見ます!

これだけでも何となく「どのくらいの格の馬」なのかがわかります!

それだけわかればヒマつぶしには十分!

買い方は1着を当てる「単勝」がオススメです。もう少しケチケチでいくなら1着から3着に入る馬を当てる「複勝」という買い方もありますが、当たったときに気持ちいいのは単勝でしょう。「金メダルを当てる」のと「メダリストを当てる」のとでは気分が違うじゃないですか。応援するときも推しの選手は「金メダル」を期待するでしょう。その気分で1着を当てる「単勝」。これがヒマつぶしには最適。

慣れた人は1・2着の組み合わせを当てる「馬連」「馬単」などの買い方や、1・2・3着の組み合わせを当てる「3連複」「3連単」などの買い方を選びますが、これは結局金で選んでいるだけのこと。これらの買い方は当てるのが難しくなるぶん払い戻しが大きくなる傾向があります。「100円を1万円に増やしたい」と願うギャンブラーが、少ない元手で夢を見るための賭け方です。3連単で見事に当てればカッコいいですが、「単勝1点で当てたわ」ならカッコよさで劣るところは何もありません。むしろ1点買いなら「完璧に読み切った」という雰囲気さえ出ます。

↓買い方は画面に沿って選んでいくだけ!基本は「通常投票」から!

↓レースを選び間違えないように気をつけてください!どの競馬場の何レース目かを指定します!

↓買い方はたくさんありますが「単勝1点、100円購入」がコスパがいいと思います!

↓買ったらあとはレースを見て当たるかどうかを待つだけ!

単勝1点なら、買った馬だけをひたすら見ていればいいのでレースも楽しみやすいです!

当たったときに「完璧に読み切ったわ」と自慢できるのもグッド!

勝負師の極意 [ 武豊 ]
価格:611円(税込、送料無料) (2020/4/5時点)



僕なども普段は気になる馬の気になるレースを楽しむくらいなのですが、昨日はヒマなのでダラダラと昼から夕方まで競馬をしてしまいました。こうしているとヒマも忘れますし、何より「スポーツがない日常」というものも束の間忘れられます。過去の映像とは違う「ライブ」の感覚、今もっとも貴重なものが競馬にはまだ残っています。それでいて「お国に貢献する」か「休んでいる間にお金を稼ぐ」かのどちらかを必ず達成できる。ギャンブルなのでイヤな人はイヤだと思いますが、競馬はスポーツとしても十二分に楽しいもの。僕も20年ほど競馬を楽しんでいますが、競馬場のベンチ1脚ぶんくらいしか使っていませんので身を持ち崩すようなものではありません。

もちろん実際に競馬場に行くのも楽しいのですが、競馬場にはそれなりに闇もあるというか、カップ酒と赤ペンを両手に持ったオヤジが「福永ぁ!!」「ピーーーー(※自主規制)」「ピーーーー(※自主規制)」とか叫んでいるので、不慣れな人にはオススメしづらい部分があります。行けない今だからこそ、ライトに楽しむレジャーとしての競馬を満喫できるチャンスです。今日からでも、すぐにでも、損をできる。僕は今日もハリきって損をしたいと思います。それが遠回りしたお国への貢献になるのだと、自分に言い聞かせながら!
儲けようと思うと深みにハマるので「当てるゲーム」を楽しみましょう!