「米国の新型コロナウイルス対策が、一転して「布マスクでも着用すべき」になった理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

米疾病管理予防センター(CDC)は4月3日(米国時間)、新型コロナウイルスの拡散を防ぐ一環として、「医療用ではない布マスク」を市民が着用することを推奨した。これまでCDCは、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の症状が出ている人だけにマスクの着用を勧めていた。ところがいまでは、強制ではないものの、体調が悪くない人にもマスクの着用を推奨している。

CDCのウェブサイトに掲載された声明は以下の通りだ。「家庭用品を活用したり、ありふれた材料を使って低コストで手づくりしたりした布製の顔を覆う物を、自発的な公衆衛生対策として追加的に用いることができる」

ここで鍵となるのは「追加的に」という言葉だ。自身とコミュニティの人々を守るための最も効果的な方法は、いまでも家に閉じこもることである。CDCは6フィート(約1.8m)の社会的距離を保つことを、新型コロナウイルスに接触しないための最も重要な対策として引き続き推奨している。

N95マスクは買うべきでない

この新たな指針は、ウイルスがどのように感染するかについての新たな研究結果を受けたものだ。全米で症例が増加するなか、無症状の人も公共の場を動き回るうちにウイルスをまき散らしている可能性があることを示す証拠が出てきている。

ニューヨークやロサンジェルスといった都市も4月に入り、病気の徴候の有無にかかわらず公共の場では顔を覆う物を着用するよう、市民に勧告した。ロサンジェルス(そしてカリフォルニア州全体)とニューヨーク市では、具体的な指示が発表された。

こうした方針が示される一方で、手術用マスクとN95マスクはすでに決定的に不足している。防護具の不足は、患者の治療に忙殺されている医療従事者に甚大な影響を与えており、全国民にマスクの着用を促すことによって供給がさらに滞るのではないかと懸念が広がっている。

マスクの着用が推奨される地域で暮らしている人や、病気の家族を現在看護している人は、自身のマスクをつくるべきだろう。N95マスクは買うべきでないし、医療の専門家が必要としているマスクをため込むことは、決してしてはならない。

カリフォルニア州公衆衛生局が推奨しているような顔を覆う布は、自身の感染に気づいていない人が他人にウイルスをうつしてしまうことを防ぐ可能性はある。だが、健康な人の感染を防ぐ保証はないことを、頭にとどめておくことが重要だろう。

バンダナやスカーフでの代用も許容

マスクの着用は最後の手段だ。マスクはウイルスをブロックしてくれる解決策ではなく、マスクを着けたからといって通常の社会的交流を再開できるわけではない。

外出禁止令になっている地域では解除されるまで、引き続きできるだけ家の中にいる必要がある。買い物に出かけなければならないときは、ほかの人から6フィート(1.8m)の距離を置き、引き続き手を洗って家を消毒する。

では、どのようなマスクを着用すべきなのだろうか。CDCによると、耳のところでしっかり固定された、きちんとつくられたマスクが理想的だという。

それがない場合は、バンダナやスカーフのような物で顔を覆っても、外出しなければならないときには何もないよりはいいという。だが、こうした物は適切な防護具とみなすべきではなく、最後の手段としてのみ使用されるべきだと、CDCは警告している。いずれにしても鼻と口が完全に覆われていて、飛沫が漏れ出す隙間がないようにしたい。

マスクのマッチングも開始

医療関係者のなかには、N95マスクの寿命を延ばすために、N95マスクの上から手製マスクを着用し始めた人々がいる。オハイオ州のユニヴァーシティー・ホスピタルズのように、いくつかの病院では手づくりのマスクの寄付を募っている。

インディアナ州エヴァンズヴィルのディーコネス病院も、マスクをつくって寄付できる人々と、マスクを必要としている医療施設をつなぐ全国規模のデータベースを構築した。裁縫ができる人は、マスクをつくって地元の病院に寄付することを検討してほしい。

オンラインのマーケットプレイスであるEtsyも、出品者にマスクの製作を始めるよう求めた。一方で、医療用具の転売の禁止や、手づくりマスクに関して医学的な効果を謳わないように求めるなど、いくつかの注意事項をハンドメイド作家に示している。

新型コロナウイルスの関連記事

◎知っておくべき基礎知識

【重要】新型ウイルスは、あなたが何歳であろうと感染する。そして「大切な人を死なせる」危険性がある新型ウイルスの感染者数は、かくして指数関数的に「爆発的増加(オーヴァーシュート)」する新型ウイルスのワクチンは、いつできる? 基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」いまこそ知っておくべき「コロナウイルス」に関する4つの基礎知識マスクは役に立たない? ワクチンが届く日は近い? 新型ウイルスにまつわる「8つの風説」の真偽新型ウイルスについて、改めて知っておくべき「4つのこと」新型ウイルス対策としての「休校」は本当に有効?スマートフォンやキーボードを正しく除菌する方法

 
◎これから何が起きるのか?

「78億の人類に感染の恐れがある」と、天然痘の撲滅に貢献した疫学者は言った新型ウイルスの感染拡大は、今後どんな結末を迎えるのか? 考えられる「3つのシナリオ」

 
◎いま起きていること

イタリアが新型コロナウイルスの“激震地”になった「2つの理由」と、見えてきた教訓需要爆発で生産が追い付かないマスクメーカーの大混乱新型ウイルスの世界的流行によって、「握手の習慣」が消えつつある“封鎖”された中国・武漢で、いま起きていること感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋

最新情報は公式TwitterをフォローFollow @wired_jp