【大阪杯】ブラストワンピース 2度目のG1タイトルへ視界良好

写真拡大

大阪杯
ブラストワンピース

 昨年の凱旋門賞では11着と振るわなかったブラストワンピース (牡5、大竹)だが、帰国初戦のAJCCを快勝し、グランプリホースとしての実力を改めて証明してみせた。2度目のG汽織ぅ肇覲容世愡覲Δ藁氷イ澄

【大阪杯】枠順と見どころ ダノンキングリーは6枠8番

大竹師「前走に近い状態」

 大竹調教師は「1週前にしっかりやったので、今週の追い切りは調整程度。想像以上にいい動きでしたね。前走に近い状態にあると思います。去年はなかなかいい結果が出せなかったですが、年が替わって1戦目にしっかり勝てたので、今年はこの流れを維持していきたいですね。この距離はいいと思いますし、輸送があることも、この馬にはプラス。無観客のG気砲覆蠅泙垢、何とか皆さんを元気づけられるような競馬ができればと思います」と前向きに話した。