3ヶ月で64kg→48kgに!ダイエット成功の鍵となった2つの【お助け食材】って?

写真拡大 (全3枚)


ヘルシーな食生活と適度な運動で、ある程度の期間をかけて痩せるのが健康的にダイエットできるということはわかっていても、「ダイエットは急務!」と考えている方は少なくないと思います。そこで参考にしたいのが、かつて3ヶ月で64kg→48kgと16kgもの減量に成功した韓国アイドルグループI.O.Iのメンバー、チェヨンが「ダイエット中に積極的に食べていた」という2つの“お助け食材”です。

 

|“大豆食品(豆腐&豆乳)”で良質なタンパク質を摂取する

彼女が実践したダイエット法はズバリ“ほとんど食べない”という決してマネしてはならない方法でしたが、そんな過酷なダイエットの中で彼女が食べていた2つの食材が「ダイエットの味方」として注目されました。それが低カロリーなのに食後の満足感があり、さらには植物性タンパク質を豊富に含む“豆腐”と“豆乳”です。



▲豆腐は冷奴や湯豆腐など調理しないで摂取するとカロリーも抑えられます

減量を目的に食事を管理する上で、髪や肌など体をつくる元となるタンパク質の摂取は欠かせません。タンパク質が不足していると、ギスギスした痩せ方につながってしまうものです。また、豆腐や豆乳に含まれる大豆タンパク質は、体内で生成できない9種類の必須アミノ酸をすべてバランス良く含んでいる点もダイエットに活用しない手はないと言っても良いでしょう。

 

|口寂しさや空腹を満たすときは“プチトマト”で

減量が目的の食事管理の天敵といえば“口寂しさ”。ついついコンビニなどで手軽に食べられる甘いお菓子やスナックに手が伸びてしまうものです。そんなときチョヨンが食べていたのは“プチトマト”でした。



▲食物繊維を豊富に含み満腹感も得やすいプチトマトは食前に数粒食べてドカ食い予防に活用するのもオススメ

脂肪燃焼を促してくれる成長ホルモンの分泌に必要なビタミンやミネラルを含み、洗うだけで手軽に食べられるのがプチトマトの魅力。また、「成長ホルモンが多く分泌される睡眠中に備えて夕食時に食べることで“痩せやすい体づくり”のサポートにしていた」とチョヨンは明かしてます。

 

チョヨンが実践した“ほとんど食べないダイエット”は、チョヨン自身も「無理な減量を急激にしたことで副作用に苦しんで、結局は栄養バランスのとれた食事管理にたどり着いた」と振り返っているように避けるべきダイエット法です。でも、食べ過ぎた翌日や、期間限定かつ短期集中型の食事管理には豆腐や豆乳、プチトマトは強い味方になってくれるでしょう。ぜひ、毎日の食事管理の参考にしてみてくださいね。