元チームメイトとの「勝利のルーティン」動画を公開した槙野。写真:徳原隆元

写真拡大

 浦和レッズの槙野智章が4月4日、自身のインスタグラムを更新。元同僚と絡んだウォーミングアップの映像を公開して反響を呼んでいる。

 槙野は「槙野式ウォーミングアップ あうんの呼吸で俺達は分かり合っている 最後の去り際のハイタッチまで注目だ!」と綴り、1本の動画を投稿。試合前のアップスペースと思しき場所で撮影されたのは、槙野や他数名の選手たちが各自で思い思いに身体をほぐしているシーンだ。すると、サイドステップと短いダッシュを繰り返していた那須大亮の傍に、槙野がおもむろに近づき、那須と対面しながら同じサイドステップの動きを繰り返す。最後はコメント通りのハイタッチで、那須の顔にも気合が漲っている様子が窺える。

 現在は自身の公式チャンネルを持ち、YouTuberとしても活動する那須は、2013年に浦和に加入。以後、17年までの5シーズンにわたりプレーし、その熱いパフォーマンスは、浦和サポーターからの大きな支持を集めた。そうした時代の懐かしの映像に、那須も当時を思い起こしてか、「勝利のルーティンだったね 最高だぜ」とサムアップの絵文字とともに返信。これに槙野も「また一緒にやりたいぜ」と応じている。

 さらには浦和ひと筋で現役を終えたクラブのレジェンドのひとりである鈴木啓太も反応。「懐かしい。笑」とコメントを寄せ、これに槙野は以前の過去動画を引き合いに出して「赤フンドシの動画には、たくさんケイタさんが映ってる。笑」と返信してみせた。

 サッカーファンからの反響も大きく、「こーゆー動画見られるの楽しいし嬉しい」「マキと那須兄貴のコンビすき」「試合がないので、選手の投稿、うれしいです」といった声が寄せられている。

 また槙野は、「#槙野式ウォーミング」「#皆に笑顔を届けたい」「#皆に元気を届けたい」とのハッシュタグを添付。新型コロナウイルスの感染拡大により、ネガティブな話題が続くなかで、少しでもファンを元気づけたいという思いからの投稿だったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部