Net Applicationsから2020年3月のタブレットブラウザのシェアが発表された。2020年3月はSafariとAndroid Browserがシェアを減らし、ChromeとSamsung Browserがシェアを増やした。

2020年3月はChromeがシェアを増やしたものの、この半年間は減少する傾向が続いている。今回の増加が反転につながるのか、一時的な増加なのか、今後の動向が注目される。

Android Browserは長期にわたって減少傾向を続けている。一方、まだシェアの絶対数は小さいものの、Samsung Browserが存在感を高めつつある。

2020年3月タブレットブラウザシェア/円グラフ 資料:Net Applications報告

2020年3月タブレットブラウザシェア/棒グラフ 資料:Net Applications報告