新型コロナウイルスの感染拡大にともない、2月26日のルヴァンカップ(グルーリーグ第2節)以降、すべての公式戦が開催延期となっているJリーグ。当初、その再開については、J3の4月25日を皮切りに、J2は5月2日、J1は5月9日と、段階的に再開されることが、3月25日の臨時実行委員会において、基本合意されていた。

 だが、4月3日にNPBと合同で実施した「新型コロナウイルス対策連絡会議」で、専門家からの提言を受けて、再開日は一旦、白紙に戻すことになった。今後も状況を見ながら慎重に対処していく予定だが、現状では5月末以降からの再開を目指す見通しだ。


記者会見で今季のJリーグについて語った村井満チェアマン

 さて、日程については先行き不透明な今季のJリーグだが、すでに決定している変更事項もある。それが、「昇格あり」「降格なし」の特例ルールの適用である。

 もともと今季の規定では、リーグ戦の成績に従い、J1の下位2クラブとJ2の上位2クラブが自動昇降格で入れ替わり、J1参入プレーオフも加えれば、最大3クラブが入れ替わることになっていた。

 また、J2とJ3の間でも、同じく2クラブが自動昇降格によって入れ替わるはずだったが、今季はそのうちの昇格のみを「あり」とし、J1からJ2へ、J2からJ3への降格は、いずれも「なし」となったのだ。

 これにより、来季(2021年)のJ1は従来の18クラブから20クラブへ、J2は22クラブから24クラブへと増やしてリーグ戦が行なわれるわけだが、再来季(2022年)からは、再び、従来どおりのクラブ数に戻さなければならない。その点は今後検討されるようだが、来季のJ1とJ2からは、それぞれ4クラブがJ2とJ3へ降格となる見通しだ。

 Jリーグの中断期間は、すでに2カ月を超えることが確定し、新たに組まれる試合日程次第では、全クラブに公平なリーグ戦が開催される保証がない。最悪の場合、すべての試合を実施できない可能性すらある。実際、Jリーグは今季リーグ戦の成立条件を、リーグ全体で75%以上、各クラブで50%以上の試合が実施された場合とし、全日程を消化できないケースも想定している。「降格なし」は、そうした前提を踏まえたうえでの特別措置である。

 J1、J2には、それぞれのカテゴリーに残留することが最大目標だったクラブも当然あり、そうしたクラブにとっては、現在のようなサッカーに集中しにくい環境のなかで、ひとまずの朗報であろう。当然の配慮とも言える。

 とはいえ、「降格なし」は、非常に大きなルール変更である。特にJ1は、近年実力が拮抗しており、多くのクラブを巻き込み、残留争いが繰り広げられることも多い。上位と下位とに比較的力の差があるJ2に比べ、残留争いが熾烈になりがちだ。

 降格の心配がない今季は、選手がプレッシャーを感じず、思い切ったプレーができるのではないか。いや、逆に残留争いの緊張感がなくなり、選手はプレーの質が落ちるのではないか。そんな声が聞こえてくるが、はたして「降格なし」は、今季J1にどんな影響を与えるのだろうか。

 過去のシーズンを振り返り、J1からJ2への降格の有無がもたらす変化を探ってみたい。

 1993年に全10クラブでスタートしたJリーグは、翌1994年以降、新規参入クラブを加え続け、1998年には18クラブまで増加した。Jリーグはさらなる増加に対応するため、翌1999年からJ2を新設。それにともない、J1を16クラブに減らすべく、1998年のリーグ戦終了後、J1参入決定戦(プレーオフ)を行ない、降格クラブを決定した。これがJリーグの歴史における降格制度のスタートである。

 そこで、Jリーグのシーズンを”1997年以前”と”1998年以後”に分け、現行規定での自動降格相当クラブ(下位2クラブ)の勝ち点にどんな違いがあるのかを、比べてみることにする。

 厳密に言えば、1998年J1参入決定戦に回るクラブは、1997年と1998年の成績をポイント化し、その合算で決められたが、1997年の成績の比重が1998年の半分と軽かったため、”1997年以前”と”1998年以後”を境界とした。

 また、2004年については、翌2005年からのクラブ数拡大(16→18クラブ)にともない、自動降格がなかったため、”1997年以前”に加えている。

 当然、シーズンによって、クラブ数と試合数が異なり、単純に勝ち点の比較はできない。そのため、各シーズンの下位2クラブの1試合あたりの勝ち点(総勝ち点÷試合数)を算出し、比較することとした。

 なお、2ステージ制を採用していたシーズンの場合、1ステージ内でホーム&アウェーの2回戦総当たりが成立していた1993〜1995年は、1ステージ=1シーズンとしてカウント。その他の2ステージ制だったシーズン(1997年〜2004年、2015年〜2016年)は、年間勝ち点による1シーズンとみなしている。

 1997年以前の9シーズンにおける下位2クラブ、すなわち、のべ18クラブの1試合あたりの平均勝ち点は、およそ0.86。最高は1993年ファーストステージ9位の名古屋グランパスで、およそ1.17。最低は同ステージ10位の浦和レッズで、0.5である。

 しかしながら、この間の勝ち点を見ると、下位2クラブであろうとも、おおむね0.8以上の勝ち点を上げている(のべ18クラブ中15クラブ)。浦和の0.5は、例外的に低い勝ち点だったと言えるだろう。

 では、「降格あり」になった1998年以降はどうか。

 近年の熾烈な残留争いを考えると、少々意外な印象を受けるが、計21シーズンの下位2クラブ、のべ42クラブの1試合あたりの平均勝ち点はおよそ0.73。危機感を高めてくれるはずの「降格あり」になってからのほうが、平均勝ち点は0.1以上下がっている。

 もちろん、10クラブのリーグ戦と18クラブのリーグ戦では、上位と下位の実力差には違いがあるだろう。そもそもJリーグ誕生当初は、延長VゴールやPK戦が採用されており、試合方式や勝ち点制度自体に現在とは違いがあるのだから、単純に下位2クラブの勝ち点を引っ張り出して比較はできない。

 とはいえ、降格回避がモチベーションとなって、下位クラブが実力以上のパフォーマンスを発揮するとか、降格がないことでモチベーションが下がり、ズルズルと負け続けるといった極端な現象は起こっていない。少なくとも、そう見ることはできそうだ。

 1998年以降の最高値を見ても、2018年に17位の柏レイソルがおよそ1.15。最低値は2012年、2013年、2014年で、それぞれ18位となったコンサドーレ札幌、大分トリニータ、徳島ヴォルティスのおよそ0.41である。1997年以前と比較しても、大きな違いは見られない。

 昨季J1で18位に終わったジュビロ磐田の勝ち点31は、18位の勝ち点としては過去最多。一昨季17位でJ2へ降格した柏の勝ち点39も、17位としては過去最多だった。それゆえ、「降格あり」が下位クラブを刺激し、残留ラインが年々上がっている印象を受けるが、逆に2015年、2017年の2シーズンでは、下位2クラブがいずれも勝ち点30に届いていない。下位クラブの勝ち点が、必ずしも右肩上がりに上昇しているわけではないのだ。

 言い換えれば、今季J1が「降格なし」になったからといって、極端に勝ち点の低いクラブが出てくるとは考えにくく、つまりは、上位クラブにとっての”安パイ”の相手が増えることもないのだろう。

 しかしながら、各クラブ、とくに近年下位に低迷するクラブにとっては、「降格なし」の今季が、腰を据えて強化を図るチャンスになりうるのは確かだろう。

 振り返ると、昨季J1を制した横浜F・マリノスも、大きくスタイルチェンジを図った一昨季の成績は12位。しかも、J2自動降格となる17位との勝ち点差はわずかに2しかなかった。J1参入プレーオフに回る16位とは勝ち点で並んでおり、得失点差によるギリギリのJ1残留だったのだ。もしも、このときJ2へ降格していれば、当然、昨季のJ1優勝もなかったことになる。

 13年ぶりのJ1昇格で、まずは若い選手を中心にJ1のスピードに適応する必要がある横浜FC。あるいは一昨季の横浜FM同様、大きなスタイル変更に取り組んでいる清水エスパルス。そういったクラブにとっては、「降格なし」の今季をうまく活用することが、昨季以降の大きな飛躍につながるかもしれない。

 先を見通せない現状、どのクラブも難しい時間を過ごしていることに変わりはない。しかし、だからこそ、今をどう乗り越えるか。誰もが苦しいときだからこそ、周囲との違いを生み出すチャンスでもあるのだろう。