イタリア北部ロンバルディア州ベルガモの病院で、新型コロナウイルス感染患者の手を握る医療従事者(2020年4月3日撮影)。(c)Piero CRUCIATTI / AFP

写真拡大

【AFP=時事】イタリア国内の新型コロナウイルス感染による死者数は3日、766人増加し、計1万4681人となった。一方で、同国の流行がピークを脱した可能性を示唆する新たなデータも出ている。

 イタリア市民保護局の最新統計によると、前日からの感染者増加率はわずか4%にまで減少した。回復者数は過去48時間で17.3%増と大幅に増え、計1万9758人に達した。

 被害が特に大きかった地域でも、状況が徐々に改善している兆しが見えている。死者の過半数が確認されている北部ロンバルディア(Lombardy)州では、集中治療を受ける患者数は微増にとどまった。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
【解説】今なお未解明の5つの疑問、新型コロナウイルス
新型コロナ、通常呼吸でも伝染か 米がマスク指針変更の見通し
新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(3日午後8時時点) 死者5.3万人に