メンバーズは2日、首都圏の中堅・中小企業を対象にデジタルマーケティングをリモート・オンライン上で運用するサービス「MEMBERS-R・DESK」の提供を開始した。

「MEMBERS-R・DESK」の概要(同社資料より)

同社は、Webサイトやソーシャル、アプリなど企業のデジタルマーケティングの総合的な制作や運用を行うEMC(エンゲージメント・マーケティング・センター)事業を展開。プロデューザー、エンジニア、デザイナー、データアナリスト、コンテンツプランナーなど顧客ごとに選抜された専任チーム(数名から100名で対応)がマーケティング戦略立案やWebサイト企画、システム開発やソーシャルメディア運用などをPDCAに基づく独自の方式で提供している。

提供される「MEMBERS-R・DESK」サービスは、首都圏の中堅・中小企業を対象に、同社の既存サービス(Web運用、ネット広告、SNS運営等)をリモートで対応する。テレワークが推進されるなか、体制や環境の未整備で円滑に自社のサービスが運用できていないなどのニーズに取り組むもので、ECサイトやメディアの運営、ネット広告/ソーシャルメディア活用などを時間単位で依頼することが可能になる。利用料金は、最低20時間からの利用で20万円から。なお、メンバーズグループは総務省より令和元年度「テレワーク先駆者」に認定(ニュースリリース)されるなどの実績を持っている。