Net Applicationsから2020年3月のモバイルブラウザのシェアが発表された。2020年3月はChromeがシェアを減らし、SafariとSamsung Browserがシェアを増やした。2020年3月はAndroidが減少しiOSが増加した。Chromeの減少とSafariの増加はこうしたモバイルオペレーティングシステムのシェアと連動した結果と見られる。

シェアは4.24%と少ないが、Samsung BrowserがChromeとSafariに続く第3位として定着してきた。4位以降は1%前後からそれ未満といった値にとどまっている。こうした4位以下と比べるとSamsung Browserは3倍以上のシェアを確保しており、存在感を強めている。Samsung Browserは2019年11月に特にシェアを増やした。

2020年3月モバイルブラウザシェア/円グラフ -資料:Net Applications

2020年3月モバイルブラウザシェア/棒グラフ 資料:Net Applications