4月5日、阪神競馬場でG蟻膾綰奸兵2000m)が行なわれる。

 このレースは2017年にG兇ら昇格し、G気砲覆辰討らは4回目。過去3年はキタサンブラック(2017年)、スワーヴリチャード(2018年)、アルアイン(2019年)が勝利している。

 今年は、クロノジェネシス(G欺華賞)、ブラストワンピース(G詰馬記念)、マカヒキ(G菊本ダービー)、ラッキーライラック(G汽┘螢競戰構王杯、G戯綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズ)、ワグネリアン(G菊本ダービー)と、5頭のG鞠呂出走する豪華メンバー。その中で筆者が狙いたいのは、G欺藹仭となるロードマイウェイ(牡4歳/栗東・杉山晴紀厩舎)だ。


昨年のチャレンジⅭで重賞初勝利を挙げたロードマイウェイ

 ロードマイウェイは2歳時の2018年11月、京都・芝1800m戦で勝ち上がり。クラシック戦線には乗れず、2勝目は昨年6月の国分寺特別(東京/芝1800m)まで時間がかかったが、そこから5連勝した。その5連勝目は、今回と同じコース、距離で行なわれた昨年11月のG轡船礇譽鵐牽辰世辰拭

 前走のG橋碣肋沺蔽羌/芝2000m)は10着と大敗したが、スタート直後に他馬と接触し、後方からの位置取りになってしまった。ペースもスロー(1000m通過が1分03秒6)で展開も向かなかったため、この結果は度外視してもいいだろう。

 また、大阪杯が行なわれる阪神コースが大きなプラス材料のひとつだ。重賞初制覇を飾ったチャレンジCのほかにも、LポートアイランドS(芝1600m)を勝っている相性がいいコース。この相性のよさは父ジャスタウェイ産駒全体に見られる傾向で、阪神・2000mの条件で14戦して4勝、2着3回、3着1回。勝率28.6%、連対率50%という極めて高い数字を残している。

 今回は脚部不安のため回避したが、やはりジャスタウェイ産駒のヴェロックスが勝利した昨年のL若葉Sも、阪神・芝2000mのレース。さらに、2年前の大阪杯勝ち馬スワーヴリチャードはジャスタウェイと同じハーツクライ産駒で、母系にグレイソヴリンやミスタープロスペクターを持つという共通点もある。ロードマイウェイは競走実績、血統など、あらゆる要素からこのコース向きと言える。

 もう1頭、人気を集めそうなダノンキングリー(牡4歳/美浦・萩原清厩舎)にも触れておこう。同馬は昨年、G袈ζ営命杯(東京/芝1800m)を勝ち、G技月賞(中山/芝2000m)3着、G菊本ダービー(東京/芝2400m)2着とクラシック戦線で活躍。秋にはG極萋王冠(東京/芝1800m)で古馬を破り、年明け初戦のG驚羯概念(中山/芝1800m)も制して、8戦5勝(重賞3勝)という安定した成績を残している。

 これまでの勝利は1600m〜1800mと、距離には少し不安がある。だが、父ディープインパクト、母の父ストームキャットの配合は、キズナ(G菊本ダービー)、スタディオブマン(G汽侫薀鵐好澄璽咫次法▲薀凜坤ンリーユー(G汽ークス)など、1600m〜2400mのG鞠呂8頭出ている”黄金配合”。G胸代のこのレースでも、キズナとラキシスの2頭が勝利している。ダノンキングリーは阪神コースでの初レースとなるが、力を出せる可能性は高い。 以上、今年の大阪杯は、ロードマイウェイとダノンキングリーに期待したい。