ソニーは2日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で影響を受けている世界各国の人々を支援するファンド「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」の立ち上げを発表した。

ソニー公式Webサイト

支援ファンドは"医療関連"、"教育"、"クリエイティブコミュニティ"の大きく3領域で総額1億USドル(約108億円)にのぼる。医療分野では、COVID-19治療従事の医療関係者や感染症対策の関係者などに対して、1,000万USドル(約11億円)の寄付(WHOのCOVID-19連帯対応基金、UNICEF、UNHCRなど)を通じての支援を発表。教育分野では外出制限や休校で学習機会が制限される子供たち、クリエイティブコミュニティ分野ではコンサートや映画・テレビ番組の制作の中断などの影響を受けているクリエイターやアーティストなどに対して、それぞれ教育関係者、エンタテインメント事業各社と協調して支援を進める。

ソニー 代表執行役 社長兼CEOである吉田憲一郎氏は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々の一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。全世界が直面しているこの困難な状況に際し、グローバルに事業を展開している当社としても、新型コロナウイルスとの戦いの最前線におられる皆様、未来を担う子どもたち、そして、クリエイティブコミュニティで大きな影響を受けている方々などへの一層の支援を実施してまいります。」とのコメントを発している。