コロナで閉館した鳥取の温泉施設 市が契約違反として違約金を請求

ざっくり言うと

  • 鳥取県倉吉市は温泉宿泊施設を巡り、運営会社に違約金と施設の返還を求めた
  • 同施設は市が3年前に無償譲渡したものだが、新型コロナの影響で3月末に閉館
  • 譲渡の際には、同社が営業を10年以上続ける契約になっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x