2020年の4月1日も、若干の自粛ムードに包まれながらさまざまなエイプリルフールネタがネットに投下されました。エレコムはTwitterでイヤホンを6倍の大きさにした「イヤホンモチーフスピーカー」のネタ画像を投稿したのですが、実はこちら今日から「Makuake」でクラウドファンディングを開始したホンモノ。目標を達成すれば実際に製品化することになります。


https://twitter.com/elecom_pr/status/1245125126615486464

画像が投稿されたのは4月1日の8時5分。「詳細は次に続きます」とあり、直後に様々な利用シーンの写真と「すごく、、、大きいです」「友達に見せて自慢できる」「なんか映える」と紹介するツイートが投稿されました。


https://twitter.com/elecom_pr/status/1245125803899105280

手の込んだエイプリルフールネタだと思っていたら、14時にはMakuakeのプロジェクトページが投稿されます。Twitter担当は「本当に製品化を知ったのは、投稿後でした」とツイートしていますが、果たして……。

52mm径のフルレンジスピーカーに、低音を再現するパッシブラジエーターを搭載。出力は2.1W+2.1W、インピーダンスは4Ωで、周波数特性は100Hz〜20kHz。イヤホンだと思うとバカみたいに大きいですが、手元に置いて使うステレオスピーカーと考えると納得感のあるサイズですね。ワイヤレスは非対応で、3.5mmジャックに接続して使用します。

プロジェクトは6月29日まで公開され、支援者には8月末までに出荷を予定しています。

Makuake|お部屋に心地よい音楽を。奏でるオブジェ「イヤホンモチーフスピーカー」|マクアケ - クラウドファンディング
https://www.makuake.com/project/earphone-sp/

画像:Twitter、Makuakeより引用

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』