C大阪GK永石がコロナ陽性…友人との食事会で感染か、その後トレーニング参加も

写真拡大

 セレッソ大阪は1日、GK永石拓海(24)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。Jリーガーでは神戸DF酒井高徳、群馬DF舩津徹也に続き3人目となる。

 クラブによると、永石は3月28日に食欲不振や倦怠感、37.9度の発熱を訴えた。翌29日には同22日に食事をした3人の友人のうちの一人から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが発覚。28日から自宅待機していた永石は熱は下がったものの、同31日になって大阪府内の病院でPCR検査を実施したところ、陽性であることが分かった。

 永石は22日に友人と食事をしたあと、24日からのトレーニングには通常通り参加していた。ただしクラブは「現時点では、永石選手以外の選手、スタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を訴えている者はおりません」とし、「濃厚接触者の特定や舞洲クラブハウスの消毒等の対応を行なってまいります」とした。

 クラブを通じ、永石は以下のようなコメントをしている。

「この度は、コロナウイルスに感染してしまい、チーム、スタッフの方をはじめ、Jリーグ関係者の方々、そしてJリーグ再開を楽しみにされている方々に対して、ご迷惑をお掛けした事、深くお詫び申し上げます。

 コロナ感染拡大に伴い、基本的に外食、公共交通機関の利用を避け、検温・手洗い・うがい等、できる限りの予防、対策は行なっていました。

 29日、22日に一緒に食事をした友人から新型コロナウイルスで陽性反応が出たとの連絡が入り、31日に検査、本日1日に陽性反応が出ました。

 コロナウイルス感染拡大の状況からみて、参加すべきでなかったと大いに反省しております。大変申し訳ありません。

 チームの選手や関係者に感染が広まっていない事を心から願っています。

 私自身の体調は大丈夫です。コロナウイルスの収束を心から祈っています」