新型コロナウイルス感染者の大半を占める軽症者をどこまで入院されておくか。東京都は「自宅か宿泊施設での療養を検討する」方針を固めた。「全員入院ではないということです」と司会の羽鳥慎一が伝えた。感染症法では軽症者も原則入院がルールだが、厚生労働省は「自治体の判断で自宅療養に切り換えることも検討する」と、自治体任せの言い方をする。

「モーニングショー」が都に尋ねると、担当者は「厚労省に確認したが、自宅療養は認めなかった。理由は分かりません」という。そこで、厚労省に取材すると、「個別の案件には答えられない」と逃げた。

現場の医者は「重症者を早く治療したい」

羽鳥「どうも認識がちがうな」

呼吸器内科の倉持仁医師は「軽症患者は早く退院させて、次の患者を診たいと医師が思っても、(軽症患者で)ベッドが空かないのが現状」という。

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「厚労省が足を引っ張っているんですよ。都にしても、自治体任せと言っているのに、なんで厚労省にもう1回おうかがいをたてなければいけないのですかね」

倉持医師は「軽症者をしっかり管理していくのがこれからの戦略」と指摘し、白鴎大学の岡田晴恵教授は「軽症なら体育館にベッドを並べてもいい。野戦病院のようかもしれないですが、政策としてやらなければならない」という。そこまでの段階にきているということだろう。