©テレビ朝日

写真拡大 (全8枚)

いよいよ4月9日(木)、初回2時間スペシャルで幕を開ける人気ミステリー『警視庁・捜査一課長2020』。

新シリーズ『警視庁・捜査一課長2020』の初回2時間スペシャルには、思ったことをズバズバ口にする新人刑事・妹尾萩(いもお・はぎ)役で、三吉彩花が登場。エイプリルフールの企画記事を担当する新聞記者が殺害された事件の謎を、大岩たちとともに追いかけていく。

©テレビ朝日

新シーズンのスタートを間近に控えた本日4月1日(水)朝、同番組の公式Twitterアカウントが“ある動画”を公開した。

その動画では、内藤剛志演じる主人公・大岩純一捜査一課長が痛恨のミスを犯してしまう。

なんと先月、1年間のロングラン放送を終えたばかりの『科捜研の女』土門薫刑事の衣装で登場してしまう…という、前代未聞の事態が発生。

運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)に「一課長、いつもと雰囲気違う…。あ! この格好、土門ですよね!?」と指摘された大岩だが、自分の間違いを認めようとせず…。

このエイプリルフール動画は、番組公式Twitterアカウントで配信中。“一課長ファン”、そして“土門ロス”にあえぐ“科捜研ファン”も必見だ。