ビッグローブはこのほど、会社で在宅勤務が認められ、直近3週間で週に1日以上在宅勤務をしている全国の20代〜60代の男女1,000人を対象に実施した意識調査の結果を発表した。

全回答者に「在宅勤務をしてよかったと思うこと」を聞いたところ、「ウイルス感染リスクを防げる」が63.8%で最多だった。これに、「通勤ストレスがなく時間を活用できる」(63.7%)が僅差で続いている。

在宅勤務をしてよかったと思うこと 資料:ビッグローブ

また、「在宅勤務で難しいと思ったことやストレスに感じたこと」を聞いたところ、「事務仕事をするための部屋や机、椅子がない」が29.3%で最多だった。これに、「個人情報を社外で扱えない」(23.8%)、「伝票や請求書などオフラインの処理が必要」(21.3%)、「集中力が続かない」(21.1%)が続いている。

在宅勤務で難しいと思ったことやストレスに感じたこと 資料:ビッグローブ

そのほか、直近3週間で週に1日以上在宅勤務をしている20代から60代の男女のうち、既婚者661人に「配偶者の在宅勤務についてどのように感じるか」を聞いたところ、「助かると思う」(42.5%)、「やや助かると思う」(43.6%)、「やや困ると思う」(9.5%)、「困ると思う」(4.4%)という回答が得られたという。