エイプリルフールだからといって絶対についてはいけないウソ

写真拡大

エイプリルフールは4月1日です。この日は嘘をついてもいいということになっていますが、エイプリルフールだからといって、絶対に許されない嘘もあります。絶対についてはいけないのはどんな嘘なのでしょうか? エイプリルフールに気合いを入れて嘘を付きたい人も、こんな嘘は避けましょう。

目次

エイプリルフールでも許されない!

エイプリルフールとは4月1日に嘘をついてもいいという風習です。イギリスでは4月1日の午前中なら嘘をついてもいいことになっていますが、他の国では特に時間を制限せず、その日1日は嘘をついてもいいことになっています。
しかし嘘をついてもいいとは言え、冗談では済まされないような深刻な嘘や、他人に迷惑をかけるような内容は避けるべきでしょう。具体的にどんな嘘をついてはいけないのかまとめてみました。

別れ話

恋人や結婚相手などに「別れよう」という内容の嘘は絶対にNGです。別れ話の内容が具体的で、どこまでが本気で嘘なのか見抜けないような内容だと、嘘を持ち出された相手も同反応すればいいかわかりません。
またエイプリルフールに関わらず、本気で別れを考えていた場合は、別れ話の嘘をきっかけに本当に別れることになってしまいます。
プレゼントされた贈り物や指輪などを捨てるところを見せ、離婚届を準備するなどの内容はエイプリルフールの嘘としてもやりすぎです。

浮気や不倫

恋人や結婚相手などに「実は浮気している」などの嘘をつくのも絶対にNGです。たとえ嘘だとしても、「もしかしたら本当なのかもしれない」と相手が疑心暗鬼になる可能性もあります。内容が具体的で妙にリアルだと、その嘘がきっかけに二人の関係がギクシャクすることもあります。
浮気や不倫は衝撃があまりにも大きすぎて、ストレスになってしまいます。二人の信頼関係を揺るがす内容はやめておきましょう。

身内の不幸

家族や親戚、友達などが亡くなったなどの身内の不幸をエイプリルフールの嘘にするのはNGです。「それは嘘でしょ」と突っ込みにくい内容であるため、嘘だとわかった後でもスッキリした気持ちになりません。
身内の不幸を一緒に悲しんでくれる心優しい人には、きつい嘘とも言えます。

信頼関係が崩れるもの

家族や恋人、友達や職場の仲間などの信頼関係が崩れるような嘘も避けましょう。「絶交する」などの関係を断ち切るような嘘は相手の心を傷つけます。せっかく気合いを入れて嘘を付くなら、心温まる嘘のほうがいいでしょう。

病気ネタ

生死に関わるようなウソを付くのもNGです。「癌になった」や「今度、手術することになった」などの嘘はその人の人間性を疑われることもあります。実際に病気で苦しんでいる人もいるため、病気ネタや弔事ネタは信頼問題にもつながります。

生活に関わる内容

引っ越しや転勤、転職などの生活に関わるような嘘もNGです。深刻そうに「今度転勤が決まったから、もうサヨナラしなくちゃならなくなった」などの話をされても、エイプリルフールの嘘だとは気づきにくいですよね。
また妊娠や出産、流産、逆プロポーズなどの内容もNGです。実際には何か変化が起こるようなものではなくても、二人の関係にヒビが入るかもしれません。嘘をついて相手の反応を試すようなものはやめておきましょう。

エイプリルフールには軽い冗談程度の嘘にとどめて!

エイプリルフールだからと気合いを入れて大げさな嘘をつこうとする人もいます。しかしエイプリルフールだからといって、度を越した嘘だと相手も許してくれない可能性があります。嘘の内容は軽く冗談として笑える程度にしておきましょう。
(番長みるく/ライター)