北海道室蘭市とKDDIは3月31日、2020年4月からICTを活用した観光誘客に向け、VRを用いた臨場感ある観光体験と、IoTカメラを用いた観光客数の見える化を道の駅「みたら室蘭」などの観光スポットで開始すると発表した。

室蘭市は、北海道を代表する工場地帯でありながら、海と山に囲まれた特異な地形が広がる都市景観と自然景観が融合した港町。断崖絶壁の風景や工場夜景など素晴らしい観光資源が存在する一方、その魅力を十分に伝えきれていないという課題があるという。

そこで、ドローンやタイムラプスなどさまざまな手法で撮影したVR動画を用いて、臨場感溢れる室蘭市の観光体験ができる「VRおっと! むろらん」(VR観光体験)を制作した。

道の駅「みたら室蘭」と旧室蘭駅舎にVR観光体験ブースを設置し、来場するお客さまに従来とは違う視点から室蘭市の映像を閲覧してもらうことで、観光誘客効果に加え、室蘭市に興味を持つきっかけになることを期待しているという。

360度動画イメージとVRゴーグル

また、観光政策の企画立案・検証を行うためには、観光地の状況を的確に把握することが重要となるが、具体的な観光客数や訪問時間帯などは把握できていないのが現状となっており、人の数をカウントするAIを搭載したカメラを用いて、訪れた観光客数を把握する取り組みを開始。

地球岬に設置したIoTカメラ(柱の上部に設置)

この取り組みでは、地球岬と道の駅「みたら室蘭」の2カ所にカメラを設置し、訪れた観光客数をカウント・集計した上でLTE回線を用いて管理者へ通知する。画像データではなく、集計した情報のみを通知することで、ランニングコストを抑え、プライバシーにも配慮した観光客数の把握を可能としている。