ビタミンCだけじゃない?!レモンの健康効果に注目!

写真拡大 (全2枚)

 ビタミンCの代名詞ともいえる、「レモン」。でもそれ以外の栄養効果も注目度大!

レモンの健康効果


・美肌のもと、ビタミンCがたっぷり

シミを防ぎ、免疫力を高めるなど美肌のマスト。レモン1個につき、果汁だと15mg、丸ごとだと100mgのビタミンC。1日1個のレモンで美肌に!

・クエン酸&カリウムも豊富

クエン酸はカルシウムや鉄の吸収を助け、カリウムは美肌を保ち、デトックス効果も。

・栄養豊富な皮ごと食べたい

皮には腸内環境を改善する食物繊維や、中性脂肪の吸収を抑えるフィトケミカルも豊富。

実はビタミンCは意外とデリケート!

切った瞬間から減少するので、酸化しないようにぴったりラップをして保存を。加熱でも失われるので、ビタミンCを摂るなら料理の仕上げに果汁や皮を加えて。

・今すぐ読みたい→
がん予防効果の期待できる緑黄色野菜の代表「ブロッコリー」 https://cocokara-next.com/food_and_diet/broccoli-representative-of-brightly-colored-vegetables/

レモンの意外な3大効果

1.骨を丈夫にする!

レモンに含まれるクエン酸が持つキレート作用は、カルシウムをはじめ、ミネラルを腸から吸収しやすい形に変えることです。そのため、血中カルシウム濃度が維持され、骨密度を維持することにつながります。通常カルシウムは、人体には吸収されにくく、食物から摂取した場合約70%は体外に排出されてしまいます。

2.血圧を下げる!

レモンが血圧を下げる理由は皮に含まれるレモンポリフェノールと、果汁に含まれるレモンフラボノイドが関係していると言われています。

また、酸味には、塩味を引き立てる効果があるため、少ない塩分でもしっかりと味を感じることができ、減塩につなげることができます。

3.疲労回復を助ける!

ビタミンCを含む食材は抗酸化作用が強く、ストレスや疲労を感じることで生まれた体内の活性酸素を取り除く働きが期待されています。酸っぱいと感じるものはクエン酸が入っており、疲れたときにスッキリとさせてくれます。

それでも疲れがたまってきたら無理をせず、必要に応じて休息も取りながら健康を維持していきましょう。

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
がん予防効果の期待できる緑黄色野菜の代表「ブロッコリー」 https://cocokara-next.com/food_and_diet/broccoli-representative-of-brightly-colored-vegetables/