KDDIは3月31日、公共料金を自宅で支払えるサービス「au PAY(請求書支払い)」の提供を開始した。「au PAY アプリ」を使って、公共料金などの請求書 (払込票) に記載されたバーコードを読み取り、その場で「au PAY 残高」から支払うサービスだ。自宅にいながら24時間いつでも公共料金の支払いが可能になる。

「au PAY(請求書支払い)」のイメージ


加えて、支払い金額に対し、0.5%のポイント還元も実施(200円ごとに1ポイント)。決済の上限額は1回あたり25万円となる。対応会社は以下の通りだが、順次拡大する予定としている。

北海道ガス

レモンガス

大阪ガス

関西電力

中国電力

沖縄電力

東京都水道局(2020年4月1日)

電算システム(2020年5月下旬以降)

東京電力(2020年6月上旬以降)