血圧リセット術(世界文化社)

写真拡大

 新型コロナウイルスが猛威をふるい続けている。世界中に感染が拡大し、いまだに収束の見通しも立っていない。 新型コロナウイルスについて、高齢者や基礎疾患を有する人は重症化リスクが高いとされているが、中国からの論文によると、特に高血圧は「最大3倍の重症化リスクがあった」という。

 日本では、30代で5人に1人、40代では3人に1人が高血圧を抱えているといわれており、現在の日本人口1億2595万人で計算すると、その中の4300万人以上、約34%の日本人が高血圧だと考えられるそうだ。

 本書によると、そんな高血圧はリセットが可能だという。世界文化社より発売されている『血圧リセット術』は、明日から始められる、血圧をリセットする呼吸法や食べ方を紹介している。

写真は、『血圧リセット術』(世界文化社)

 本書の著者は、東京女子医科大学内分泌内科学講座教授・講座主任の市原淳弘さん。日本高血圧学会理事、日本妊娠高血圧学会副理事長も務めているほか、テレビやセミナーなどでも活躍している。

 本書では、血圧を下げる4つのポイントの項目ごとに、明日から始められる血圧リセット術を紹介。それぞれの呼吸法、食べ方、座り方、眠り方のコツをつかむことができれば、血圧をリセットすることができる。

写真は、バナナの血圧ダウン効果を説明するページ写真は、血圧リセットトレーニングのページ写真は、牛乳の血圧ダウン効果を説明するページ写真は、片鼻呼吸を説明するページ

 簡単に実践できるものも多いので、血圧が気になる方は本書を活用してみるといいかもしれない。

書名:  血圧リセット術
監修・編集・著者名: 市原淳弘
出版社名: 世界文化社
出版年月日: 2020年1月17日
定価: 1,500円+税
判型・ページ数: 224ページ
ISBN: 9784418194315


(BOOKウォッチ編集部)