新型コロナ対策強化のため…神戸、施設やサービスを一部休業および縮小

写真拡大

 ヴィッセル神戸は31日、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を強化するため、31日〜4月5日まで、施設やサービスの一部を休業および縮小することを発表した。

 今回の発表によると、対象の施設やサービスは「ヴィッセル神戸本社事務所」「ヴィッセル神戸チケットセンター」「ヴィッセル神戸オフィシャルグッズショップ ハーバーランド店」「ヴィッセル神戸サッカースクール事務局」「ノエビアスタジアム神戸管理事務所」となるようだ。

 クラブは、30日にDF酒井高徳が新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表している。