4月スタートの新ドラマ出演者と、映画「一度死んでみた」の出演者が、スタジオに集結し、「スタッフに差し入れしたい!本気で食べたい、本当においしいグルメ」をかけてガチンコ勝負するもの。

収録がいつかはわからないが、この時期に「スタジオに集結」というのはどうなのか。観客を入れなければいいというものでもないだろう。仮に、出演者やスタッフの1人が新型コロナウイルスに罹患していたとしたら、新ドラマの出演者たちに移る危険性もあるのに。

などと心配しながら見た。そうはいっても、この手の番宣番組は改編期には欠かせないもので、どんな新ドラマが始まって、どんなキャスティングなのかをチェックするのには、やはり便利だし、普段は見られない俳優陣の素顔が垣間見えるのも楽しみだったりする。

で、それはいいとして、問題はMCの坂上忍だ。「バイキング」のスタッフが制作しているから仕方がないのかもしれないが、毎日、昼に嫌というほど坂上の顔を見せられているのに、特番でも坂上って本当に勘弁して欲しい。今回も、出演者のひとり、新月9ドラマ「SUITS/スーツ2」に主演する織田裕二を「織田」と呼び捨てにしているのを見て不快な気持ちになった。個人的な関係はどうあれ、「織田さん」もしくは「織田くん」と敬称をつけて呼ぶのがマナーではないか。坂上のこういうところが不愉快になるから、「バイキング」も見ないようにしている。フジテレビもいい加減、坂上依存はやめた方がいい。
(放送2020年3月28日18時30分〜)

(白蘭)